Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ハワイでWiFi(ワイファイ)は必要?ルーターをレンタルするなら、おすすめはどこ?

ハワイでのネット検索やSNSにはWi-Fiがやっぱり便利!

フリーワイファイ

 

「スマホで撮ったハワイの景色が綺麗だから、LINEで友だちに送ろう!」

「ハワイの美味しいスイーツを、現地からスグにSNSにアップしたい!」

「お店の場所がわからないからGoogleマップで調べたい!」

 

ハワイ旅行中でも、日本と同じようにスマホを使えると便利ですよね。

むしろ知らない土地だからこそ、調べものをする使う機会が日本より多くなります。

 

でも、いつものスマホをそのままハワイで使おうとすると、データローミング(現地の携帯会社の電波を使って通信を行うこと)となってしまい、高額な通信料がかかってしまいます。

たとえ日本でデータ定額プラン入っていたとしても、海外での通信分は含まれません。

それを知らずに海外でバンバン使ってしまい、後で高額な請求に青くなってしまった・・・なんて話も!

 

これを避けるには、ハワイでもやっぱりWi-Fi(ワイファイ)の利用が必須となります。

手軽なのは空港やショッピングモールなどにある無料のWi-Fiスポットを利用する方法ですが、この場合、限られた場所でしか使えずに不便なうえセキュリティの心配があります。

そこでおすすめするのが、誰でも手軽に利用できるレンタルWi-Fiです。

 

レンタルWi-Fi(レンタル・ワイファイ)とは?

レンタルWi-Fiは、旅行期間中だけ借りて現地でWi-Fiに接続できるWi-Fiルーターのレンタルサービスです。

レンタルWi-Fiがあれば、現地で必要なときにいつでもネットに繋げられるのはもちろん、家族や友人と同時に接続できるという便利さもあります。

 

アロハデータ

出典:ALOHA DATA

ハワイに着いてから借りることもできますが、できるだけ現地での時間を大切にするためにも、日本で手続きを行ってしまうことをおすすめします。

 

Wi-Fiルーターはどうやって借りるの?

Wi-Fiルーターは、各レンタルWi-Fi会社のホームページから申し込んで予約すればOKです。

受取方法としては、

  • 出発時に国内の空港で受け取る
  • あらかじめ自宅まで宅配で届けてもらう
  • 到着時にホノルル空港で受け取る (実施していない業者もあります)

の中から、自分の好きな方法を選べます。

 

私は自宅まで宅配で届けてもらうパターンをおすすめします。

自宅であらかじめ使い方などを確認して設定を済ませてしまえば、ハワイに着いたらスグに使い始めることができるからです。

返却時は、宅配で返す方法もありますが送料がかかる場合もあるので、帰国時に日本の空港で返却してしまった方が簡単で確実です。

 

主な海外レンタルWiFiサービス

海外用のレンタルWiFiサービスはメジャーなところでいうと次のような業者がありますが、ハワイで使うなら料金もその他の条件もアロハデータが一番有利でした。

エクスモバイルの場合は料金は安くても、返却に必ず料金が発生するので、注意が必要です。

※高速な4G/LTEの最安プランの例(2018年9月調べ)

サービス名 おすすめアロハデータ エクスモバイル グローバルWi-Fi
料金(一日あたり) 690円~ 750円~ 921円~
容量 700MB 200MB 250MB
受け取り方法 宅配(無料)
国内空港
現地空港
ゆうパケット(無料)
宅配(無料/有料)
国内空港
国内空港
現地空港/オフィス
返却方法と料金 宅配(無料)
国内空港
現地空港
ポスト返却(360円)
国内空港(成田のみ/1080円)
宅配(実費)
宅配
国内空港
現地空港/オフィス
空港返却ボックス(ホノルル・羽田のみ)
その他 ・早割で10%OFF
・1日930円で容量無制限に
・アメリカ本土もカバー
   
公式サイト 詳細»  詳細»  詳細» 

※各社価格改定やキャンペーンなどにより変動しますので、最新の料金は「詳細」より進んでご確認ください。

 

Wi-Fiルーターの使い方は?

初めての場合、どうやって使い始めれば良いのか?どんな活用方法があるのか?が気になりますよね。

アロハデータの公式サイトにわかりやすい動画がありましたので、ぜひチェックしてみてくださいね。

※ルーターにより使い方は多少異なります。

 

予備バッテリーがあると便利です

私たちは、現地ではよくレンタカーを借りてグーグルマップをカーナビ代わりにして移動しているのですが、けっこうWiFiルーターのバッテリーが消耗するんですよね・・・

外出中は充電することもままならない中、途中でバッテリーがカラなってしまっては、お金を払ってわざわざルーターを借りた意味がなくなってしまいますよね。

そこでおすすめしたいのがWiFiルーター用の予備バッテリーの準備です。

 

レンタル事業者によっては、モバイルバッテリーを一日あたり数百円程度で借りられるところもありますが、

「モバイルバッテリーなら、どうせ日本でスマホ用にも使うだろうし・・・」

ということであれば、これを機に買ってしまっても良いと思います。

 

ただ、ここで気を付けたいことがひとつあります。

それは、近年、航空会社のセキュリティーがますます厳しくなっており、リチウムイオン電池を使ったバッテリーの持ち込みが制限されており、なおかつ、スーツケースに入れて預入荷物にしてはいけないんです。

 

もっとわかりやすく言うと

リチウムイオン電池以外のモバイルバッテリー※1 機内持ち込みならOK

※1 160Whを超えないもののみ

ということになります。

 

これを踏まえておすすめするのがこちらのモバイルバッテリーです。

現地でのスマホの充電にも使えますので、ひとつあるととても重宝しますよ!

 

借りなくていい&返さなくていい海外対応Wi-Fiとは?

「レンタルWi-Fiは便利だけど、その都度、借りたり&返したりが面倒で・・・」

という方おすすめなのが、レンタルではなく端末を購入するタイプのグローカルネットです。

 

グローカルネットは、日本でも海外でも使える画期的なWi-Fiルーターです。

ハワイはもちろん世界111か国でSIM交換せずに使えるルーターとなっているため、海外旅行のたびにレンタルする手間がなくなります。

 

月額400円(税別)がかかるため、

「日本で普段Wi-Fiルーターを使いながら、そのまま同じものを海外でも使いたい!」

という方に特におすすめです。

 

グローカルネットのおすすめポイント
  • 海外利用料は一日780円(免税)から。使わない日は0円なので安心
  • 海外でもSIM交換不要!電源をONするだけで、すぐにネットに接続開始できる
  • 4G・LTE高速通信に対応
  • 日本では月500MBまでは無料で使える(従量課金プランの場合)
  • 日本で使うプラン(国内プラン)はオプションなので、不要なら加入不要

※契約期間は2年間となり途中解約すると契約解除料が発生しますのでご注意ください。

≫グローカルネット公式サイトを見る

 

スマホでの通話について

ご存じだとは思いますが、レンタルWi-Fiの料金には、スマホの電話の通話料金は含まれません。

Wi-Fi接続中にLINEやSkypeなどのアプリで通話することは可能ですが、ハワイでも電話回線を使いたい場合は、各社ホームページであらかじめ確認しておくといいと思います。

また、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

それでは、ハワイでも「いつものスマホ」を片手に快適な旅をどうぞ~♪

知って得する記事ベスト5


ツアーor個人手配どちらがおすすめ?

無料で海外旅行に入れる方法とは?

円からドルへの両替、どこがお得?

あのシェラトンワイキキに格安で泊まるには?

初めてでも迷わない!ハワイ旅行準備リスト

サブコンテンツ