ハワイでも日本の電化製品は使えるのか?コンセントの形状は?

ハワイの電源コンセント形状

 

待ちに待ったハワイ旅行♪

いよいよ荷造りを始めるときにふと思うこと、それは本の電化製品はそのまま使えるだろうかということではないでしょうか。

 

プラグ(コンセント)の形状はどうなんだろう?」

電圧は日本と同じ?」

スマホの充電器ヘアアイロン(コテ)はそのまま使っても大丈夫?」

今回はそんな電化製品に関するさまざまな疑問にお答えします。

ハワイのプラグ(コンセント)の形状について

電源プラグの形状は国によって異なりますが、ハワイは日本と同じA型となっています。

ハワイの場合は3つ目の穴(アース用)がありますが、コンセントの形状自体は同じなので、ハワイのコンセントには、日本の家電製品のプラグをそのまま差すことができるんです。

ハワイのコンセントプラグ
ハワイのコンセントは日本と同じA型

 

「それなら、ハワイでは日本の家電製品がそのまま使えるんだね!」

と思ってしまいますが、ハワイで日本の家電をそのまま使うには、もうひとつ「電圧」というハードルがあるんです。

ハワイの電圧について

日本国内の電圧は100V(ボルト)です。

これに対してハワイは120V(ボルト)と日本より少し高くなっています。

日本とハワイの電圧

 

それほど大きな違いではないため、日本国内での使用を前提に作られている電化製品でも短時間ならハワイで使えないこともありません。

ただ、故障したり十分な性能が発揮できない場合もありますので、国内使用向け家電を使う場合には電圧を変換する変圧器(トラベルコンバーター)の利用がおすすめです。

国内向け家電と海外対応家電の見分け方

ハワイに限らず日本と海外では電気の規格が異なるため、日本で売られている家電の中には日本使用を前提とした内専用製品と、海外でも使える海外対応製品の2つのタイプがあります。

この2つの見分け方を次にご案内します。

ハワイでそのまま使えない家電は?|国内専用製品

お持ちの家電が国内専用か海外対応かを調べるためには、製品に書かれている仕様の部分を確認します。

たとえばこちらはカールドライヤーですが、電圧が「AC100V」と表示されています。

日本国内仕様の家電

 

つまりこれは国内専用製品となり、基本的にはハワイでそのまま使うことはできません。

仮にこのドライヤーをハワイで使う場合は、ハワイの電圧120Vに対応できるよう先にご紹介した変圧器が必要となるのですが、、、

実はドライヤーを使うためだけに変圧器を購入することはおすすめしません。

その理由は後ほど詳しくご案内します。

ハワイでそのまま使える家電は?|海外対応製品

日本で販売されている電化製品の中には、海外でも使える海外対応製品もあります。

こちらも製品に書かれている仕様の部分を確認します。

たとえばこちらはストレートヘアアイロンですが「AC100~240V」と書いてあります。

海外対応ヘアアイロン

つまりこの製品は電圧が110Vから240Vの国で幅広く使用できる海外対応製品であることがわかります。

まずは海外対応製品かどうかチェックしよう!

CHECK

ハワイで使いたい家電がある場合は、その製品のラベルを見て国内専用製品なのか、海外対応製品なのかを確認してください。

ハワイ変圧器要不要チェックポイント

ドライヤーやヘアアイロンに変圧器をおすすめしない理由

トラベルコンバーター(海外用変圧器)とは日本国内専用(AC100V)の電気製品を、海外で使えるようにするために電圧を変換する機器です。

変圧器にはいくつもの種類があり、中には

 

「対応可能な電圧は130Vまで」

「最大消費電力120Wまで。ドライヤーやヘアアイロンには使えません。

といったように消費電力や用途が制限されているタイプもあります。

というよりも、消費電力が大きなドライヤーやヘアアイロンには対応していないものがほとんどです。

 

また製品によっては、日本の製品を⇒海外で使用できるようにするものではなく、海外の製品を⇒日本で使用できるようにするタイプ(ダウントランス)があったり、

ハワイ(アメリカ)では使えても、別の国では使えないものもあったりなど、正直なところなかなか変圧器は選ぶのが難しいのです。

そこまで苦労して変圧器を選ぶくらいなら、初めから海外対応のドライヤーやヘアアイロンを購入してしまう方がずっと楽だと私は思い、現にそうしました。

 

そうすれば使いたい家電だけ持って行けばOKなので、変圧器を持って行かない分荷物も少なくできます。

日本仕様の電化製品をいくつも持ち出す場合は変圧器があるといいかもしれませんが、ヘアドライヤーやヘアアイロンに限らず、1~2種類程度の家電を持ち出すならそれぞれの海外対応製品を買ってしまった方が簡単なのでは?と思います。

※参考:海外用変圧器(ドライヤーやヘアアイロンなどは不可)

100均などにあるのは変圧器ではありません!

最近の100円ショップは、旅行グッズが結構充実していますよね。

その中に海外旅行アイテムとして「海外用変換プラグ」といったものが売られているのを見かけます。

 

これはあくまでプラグの形状だけを変換するアダプターです。

電圧を変える「変圧器」の機能は備えていませんのでご注意くださいね。

そしてハワイに関して言えば先にご案内のとおり、日本とプラグの形状が同じA型なので、この変換プラグは不要となります。

製品ごとの対応状況について

ハワイ旅行に持っていくことの多い家電製品についてそれぞれの対応状況をご紹介します。

スマホ・タブレット・デジカメの充電器

スマートフォンやタブレット、デジタルカメラの充電器は、海外でも使える全世界対応となっているはずです。

念のため電圧表示がどのようになっているのかを確認してみてください。

たとえばこちらはiPhoneの電源アダプターですが、かなり小さな字でInput:100-240Vという表示がありますので、ハワイでそのまま使えます。

iPhoneはグローバル対応

 

なお、スマホ用のモバイルバッテリーを海外に持って行く場合は、スーツケースに入れてはいけない、機内持ち込み可能な容量の制限などいくつかの注意点がありますので、こちらのページでご確認ください。

モバイルバッテリーと液体を飛行機の機内に持ち込む時の注意点まとめ

パソコン

パソコンのACアダプターも全世界対応となっているので、ハワイでそのまま使うことができます。

ただし海外での使用自体を保証対象外としているメーカーもありますので、お使いのパソコンの保証内容を確認しておく必要があります。

ヘアドライヤー

まず前提として髪を乾かすだけのフツーのドライヤーは、ホテルやコンドミニアムの部屋に備えられているので、わざわざ日本から持っていく必要はありません。

もし、仮に部屋に置いてなくてもフロントデスクに言えば貸してもらえるはずです。

ドライヤー
こういうドライヤーはホテルに備え付けられています

ちなみにハワイで「ドライヤー」と言えば「洗濯乾燥機」を差しますので、髪用は「ヘアドライヤー」となります。

ヘアアイロン(コテ)

日本から持っていく必要があるとすれば、女性の場合やっぱりストレートやカール用のヘアアイロン(コテ)ですよね。

 

 

もし今お使いのヘアアイロンが国内向け(100V)なら、海外対応のヘアアイロンを新たに購入することをおすすめします。

というのも、先にご案内のとおり消費電力が高いヘアアイロンやドライヤーに対応している変圧器はなかなか見つからないか、あっても値段が高いものが多いのです。

だから、むしろ変圧器を買うよりも海外対応ヘアアイロンを買ってしまったほうが安上がりなことも少なくありません。

 

私も以前海外対応のヘアアイロンを買いました。値段も3千円チョットと変圧器よりも安いお手頃価格でした。

日本で普段使いしながら、付属の専用ポーチに入れて国内外の旅行にも活用しています。

その後、もっと軽いミニタイプを発見!

実は上のヘアアイロンを買った翌年、さらに旅行向きなタイプを見つけて思わずまた買ってしまいました。

それは、同じSALONIAのワンサイズ小型の海外対応タイプです。

下の写真の右側はスタンダートなタイプ、左側が後から購入したミニタイプです。

サロニアミニヘアアイロン

 

従来品より6cm短く85g軽いだけなのですが、それでも荷物を減らしたいパラ子にとってはかなりありがたいことです。

毎日の普段使いにも使うならスタンダートなタイプ、国内旅行やジムなど持ち運び専用にするなら、こちらのミニタイプがおすすめです↓


ストレートだけでなく、カール用もあります。こちらは270gです。

電子シェーバー

男性の必需品のひとつに電気シェーバーがありますよね。

こちらもまずお持ちのシェーバーの定格電圧を確認してみて、100-240Vとなっていたらハワイでも使えます。

海外対応してなければこの機会に買い替えてみてもいいかもしれませんね。

 

または旅行中だけはカミソリで乗り切るという方法もありますよね!

なお、カミソリは刃物となり機内持ち込みはできませんので必ずスーツケースに入れてくださいね。

えっ!ドライヤーが作動しない?

あるときハワイのホテルで備え付けのドライヤーを使おうとしてスイッチをONにしたのに作動しない、ということがありました。

故障かな?と思ったそのとき、プラグ部にある赤と黄色のボタンに気づきました。

よく見ると赤いボタンには「RESET(リセット)」、黄色いボタンには「TEST(テスト)」と書いてあります。

海外コンセントプラグ漏電防止(RESETとTEST)

 

同様に、今度は洗面所のコンセント(アウトレット)側にリセットとテストがあることにも気づきました。

これはいったい何なんでしょうか?

海外コンセントプラグ漏電防止(RESETとTEST)

答え:漏電防止のための機能だった

結論から言うと、どちらの場合も「RESET(リセット)」ボタンを押すと電化製品が作動するようになります。

これは洗面所やキッチンなどの水回りで使う電化製品やコンセント(アウトレット)についている漏電を遮断する機能なのだそうです。

 

故障?と思ってホテルの人を呼ぶ前に「RESET(リセット)」ボタンを押してみてくださいね。

なお、海外はバスルームとトイレが一緒になっていることが多いので、くれぐれもドライヤーなどを水に(お湯)に付けないようご注意を!

感電すれば命の危険もありますので。

まとめ

ここまでの内容をまとめると次のようになります。

  • 日本とハワイはコンセント(プラグ)の形状は同じなのでそのまま差せるが電圧が少し異なる。
    このため日本国内向け(定格電圧:100V)の製品を使う場合は、変圧器(トラベルコンバーター)が必要。
  • 自分がハワイで使いたい製品が海外対応(定格電圧:100V~240VならOK)かどうか まずは確認してみる。
    海外対応していればそのままハワイで使える。
  • 変圧器にはさまざまな種類があり、ヘアアイロンやドライヤーなどの消費電力が高い製品には使えないものがほとんどなので選ぶのには注意が必要。
  • ヘアドライヤーやドライヤーをハワイで使いたい場合は、変圧器ではなく海外対応の電化製品を購入するのがおすすめ。
  • 海外でドライヤーやコンセントなどに「TEST」「RESET」ボタンが付いている場合は「RESET」ボタンを押せば作動する。

ハワイで使いたい電化製品があるなら、もう一度このページをじっくり確認してしっかりと準備をしてくださいね!

“初めてのハワイ”に必要な情報を毎朝メールでお届け!

ハワイ旅行が初めてなら、ハワイのベストシーズンや時差、費用、治安、必要な持ち物などを基礎から楽しく学べる『失敗しない初めてのハワイメール講座』に登録してみませんか?

ハワイ総滞在日数100日を超えるパラ子&ヒデキが自分たちの体験を踏まえた内容で、しっかりお伝えします。

ご登録は無料ですので、ぜひお気軽にご登録ください!!

失敗しない、初めてのハワイメール講座

メール講座ご登録特典

私たちが実際にハワイ滞在で「失敗」してしまった体験をまとめた『パラ子とヒデキのしくじり体験5選』の限定コンテンツを公開します。

無料メール講座を希望 必須

メールアドレスはGmail、Yahooメール等を推奨します。
※docomo、au、SoftBankなどのキャリアメールはパソコンからのメール受信が可能な設定にしておいてください。
※@icloud.com、@me.comの場合は迷惑メールフォルダに入りやすいのでご注意ください。