Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ハワイの服装、正解はコレ!おすすめの格好と注意点 とは?

ハワイでは、どんな服装で過ごせばいいのか?

待ちに待ったハワイ旅行♪

「とびきりのオシャレをして、お気に入りのブランドバッグをコーディネートして、ワイキキの街を颯爽と歩きたいなぁ~♪」

という方、ちょっと待ってください!

 

その格好、現地ではすっかり浮いてしまい、また犯罪者に狙われてしまう危険性があるNGファッションかも!?

ということで、今回は意外にみんなが悩んでいる、ハワイ現地での服装についてご案内します。

 

そもそも時期によって服装の違いはあるのか?

ハワイの服装を選ぶ前に、まず気になるのが

8月にハワイに行くんだけど、どういう服装がいいの?」

10月のハワイって少しは寒いの?長袖が必要?」

といった、時期による服装の違いですよね。

結論から言えば時期によって服装を変える必要はありません

 

なぜならこちらのグラフのとおり 最低気温は19~23度くらい、最高気温が27~32度くらいと、ハワイは年間を通して気温に大きな差がないからです。

そういえば、ハワイといえば「常夏」でしたよね!

ハワイの平均気温

ハワイの平均気温・年間気温

 

ハワイでは一年を通して基本的に日本の「夏」の服装となります。

ただ、雨季にあたる10月~3月は、涼しいを通り越してちょっと肌寒く感じる日もありますし、また建物やバスの中は「冷房が効きすぎ」なことが多いため、長袖のシャツや羽織れるもの(パーカーやカーディガンなど)が一枚あると便利です。

 

ワイキキ中心部の昼間の定番スタイル

さていよいよ具体的なファッション選定に入ります。

まずは昼間の服装からです。

観光客がもっとも多い、ワイキキ中心部のカラカウアアベニューあたりを歩いている人たちの服装は、とてもカジュアルでシンプルです。

ハワイの服装

出典:http://www.bizjournals.com/pacific/news/

ハワイでよく見かける服装

ハワイ(ワイキキ周辺)でよく見かける若者の服装は、こんな感じが多くなっています。

   トップス ボトムス フットウェア その他 
男性 Tシャツ or
ポロシャツ
ハーフパンツ ビーチサンダル キャップ
サングラス
女性  Tシャツ or
ノースリーブ
ハーフパンツ or
ショートパンツ
ビーチサンダル キャップ or ハット
サングラス

ハワイのおすすめ服装

 

おしゃれに気合を入れる、というよりはハワイで過ごしやすく活動しやすいスタイルを選んでいる人が圧倒的です。

なお、バスに乗る場合やショッピングセンターでお買い物をする場合は、サッと羽織れる長袖の上着を必ず持参するようにしてくださいね。

バスや建物の中は、冷房がキンキンに効いていることが多いので、上着がないと寒くていられなくなってしまうためです。

 

ロングパンツはOK?ジーンズは?

ハワイではジーンズなどのロングパンツを履いた若い男女の姿をあまり見かけません。

圧倒的にハーフパンツ(またはショートパンツ)がスタンダードなんです。

これは単に暑いからなんだと思います。

 

ご年配の方はよくジーンズやチノパンを履いています。

最近の傾向としては、ヨガパンツかジョガーパンツのような黒いスキニーパンツ姿の女性をよく見かけるようになりました。

ヨガやジョギングが人気のハワイですので、ロコや欧米からの観光客がそういったファッションで出かけているのかもしれませんね。

 

ブランドバッグやジュエリーがNGな理由

さて、圧倒的にカジュアルな服装が人気のワイキキで、 高級そうなジュエリー&高級ブランドバッグでキメて、ハイヒールでカラカウア通りを闊歩しているような人はまず見かけません。

ビーチリゾートに合わない格好だからというのが一番の理由だとは思いますが、そもそも海外旅行先では、いかにも

「私はお金を持った観光客です!」

という服装は避けるべきとされています。

 

なぜなら、観光客を狙った犯罪者に目を付けらえてしまう危険性があるためです。

現地ではできるだけハワイらしいカジュアルな格好でその場の雰囲気に溶け込んで、犯罪者から目をつけられないように注意することが、自分の身を守るうえでとても大切です。

 

スニーカーとビーチサンダルどっちがおすすめ?

結論から言えば、どちらも持っていくのがおすすめです。

ビーチやプール、ホテルの周りをちょっと歩く場合はビーチサンダルを、

観光やトレッキング、ショッピングなどで長時間歩くような場合はスニーカーといった形で使い分けるのがベストです。

 

ハワイらしいリゾートワンピを着たい!

「ハワイに行ったらリゾートワンピを絶対着る!

というのがオシャレ女子の憧れですよね。

もちろん、可愛らしくて華やかなリゾートドレス(ワンピース)は現地の人気ファッションのひとつです。

 

ただし、リゾートドレスはローカルにではなく「観光客に人気のファッション」となっています。

言い換えれば「私は観光客です」と言っているようなものですので、ホテルの敷地内やワイキキ周辺の観光客の多い場所で着る分にはまったく問題はありませんが、

ローカルの方が多い場所や治安のあまり良くないダウンタウンなどの郊外での着用はおすすめできません。

リゾートドレスははホテル周辺とワイキキ限定、と心得ておいていただくと安全にハワイらしいおしゃれを楽しめるはずです!

 

ワイキキ中心部での定番スタイル(夕方~夜間)

人々がワイキキビーチで美しいサンセットを眺めた後も、カラカウアアベニューは、まだまだ活気であふれています。

そして、みなさんの服装は・・・と言えば、昼間とそう大きくは変わりません。

ただ、日没後はとても涼しくなるので、やはり上着を一枚持っていると安心です。

ハワイの服装(夜間)

出典:http://imgathena.mallfinder.com/

夜間の服装の注意点

実は、夜間の服装として注意したいことが2つあります。

♦ひとつ目は、高級レストランのドレスコードです

ドレスコードとは、高級なレストランで食事をする場合、男性の場合はジャケットと襟付きシャツの着用、女性の場合はワンピースを着用するなど、服装に関するルールで、店により内容は異なります。

もし高級レストランで食事をする予定がある場合は、ドレスコードがあるかどうか、ある場合はどういう服装ならOKなのかを必ず確認しておきましょう。

ドレスコードがあるレストランに「Tシャツ&ビーサン」で行ってしまうと入店を断られる場合もありますので十分気をつけましょう。

ちなみに、アロハシャツはハワイでは正装なので、ジャケット&シャツの持参が面倒な男性は、便利なアロハシャツを一着手に入れてはいかがでしょうか。

 

♦ふたつ目は女性の格好です。

人気のリゾートドレスは、夜もやっぱり着たくなりますよね。

夜間にリゾートドレスを夜間に着る場合はカーディガンなどの上着を着用して、露出度を抑える工夫をすることをおすすめします。

そして昼間と同様、治安の良くない場所やローカルが多い町などでのリゾートドレスの着用は安全面からおすすめできません。

 

そうは言っても、ハワイも外国です。

犯罪率も日本よりずっと高いですし、実際に発砲事件や殺人事件も起きています。

私たち観光客も、いつどういう事件に巻き込まれるかわかりませんし、残念ながら実際に日本人女性が犯罪の被害に遭ってしまった例も報告されています。

そもそも夜遅くの外出、特に女性だけでの外出は控えるのが賢明です。

 

 

ひと目で「日本人」とわかってしまうファッションとは?

ハワイには、日系人が多く、また他のアジア諸国からの観光客も多く訪れているのですが、

「この人日本人だ!」

とスグにわかってしまうファッションの特徴があります。

決してそれ自体が悪いということではありません!

ただ、ワイキキからちょっと離れた場所に出かける場合などは、日本人を狙った犯罪者に目をつけられないよう注意する必要はあります。

 

その1:レギンス

何年か前に大流行し、2018年から再流行の兆しを見せているファッションアイテムのひとつに「レギンス」があります。

2018年はこのようにワンピース+マキシ丈レギンスという組み合わせが人気ですが・・・

 

ハワイでスカート+レギンスワンピース+レギンスというスタイルなのは、日本人だけなんです。

また、同じような感じで言えば、日焼け防止用のアームカバーもそうです。

ロコはや欧米人は着用しませんので、これも日本人認定される最もわかりやすいアイテムのひとつです。

 

 その2:マスクをしている

日本では、特に具合が悪いわけでもないのに、マスクをしている人を多く見かけますよね。

中には、すっぴん隠しやファッションアイテムとして「伊達マスク」をしている人もいて、日本国内では特に珍しいものでもありません。

マスク

 

でも、ハワイを含む欧米にはそういった習慣はないため、マスクをしている人=重症な病人という認識です。

そのため、現地でマスクを着用していると

「なぜ病人なのに、こんなところを歩いているの?」

と奇異の目で見られてしまうことは確実で、きっとあなたの周りだけ人が避けて通るはずです。

ハワイでのマスクは、本当に具合が悪い時だけにしておいた方が無難です。

 

その3:日傘を差している

ズラーっと並んだ、大きなブルーのビーチパラソル。

ここワイキキビーチでも、パラソルは日差しを遮るアイテムとしてよく活用されています。

ビーチパラソル

 

・・・にもかかわらず!

同じ傘は傘でも、こうやって日傘を差しているのは、日本人だけなんです。

 

日差しの強いハワイでは、日傘は便利なアイテムかも知れませんが、現地で見かけるのはキャップパナマ帽などの帽子を被った人たちです。

なにしろ、多くの観光客でいつも賑わっているハワイですから、人通りの激しい場所での日傘は邪魔でキケンなアイテムとなってしまいます。

また現地に馴染むという意味でも、帽子をチョイスするのがベターです。

折り畳みができて、風通りの良いこういったストローハットタイプがおすすめです。

日本からわざわざ持って行かずに現地でピッタリな帽子を見つけるのも楽しいですよ。

キャップならABCストアやROSSドレスフォーレスで10ドル以下で買えますし、ワイキキにはオシャレなパナマ帽ショップもありますので!

 

その4:浴衣を(ゆかた)着ている

日本では、夏祭りや花火大会には浴衣で出かける、というのがすっかり定番になってきましたね。

浴衣

 

最近はカップルで着ている方たちも多く、とてもすてきだなぁと思います。

でもそれは、日本国内でのこと。

ハワイで浴衣を着ているのは、もちろん日本人だけです。

 

ある意味日本の民族衣装なので(外国人は着物だと思うようです)とても目立ちます。

目立つ=危険につながる、というのはさきほど書いたとおりです。

どうしても浴衣を着たい場合は、ホテル内やせいぜいその周辺くらいにとどめ、くれぐれも遠出はしないようにしてください。

 

また、夜遅くの帰宅にならないように注意してくださいね。

世界的な観光地であるワイキキであっても、毎晩のようにパトカーのサイレンが鳴り響いていますので。

参考:日本女性に多い日焼け対策ファッションイメージ

ハワイの日本人

 

ハワイの服装に関するまとめ

ハワイでは、せっかくの海外旅行だからと言って過剰にオシャレな服を選ぶのではなく、日本の夏に着慣れたカジュアルな服装の方がダンゼンおすすめです。

また、いくら日系人が多いハワイとは言え、日本とは文化の違いもあります。

郷に入りては郷に従え、ということわざもあるように、なるべく現地の文化や雰囲気に合わせたほうが、トラブルに巻き込まれるリスクが低くなります。

またハワイでは、アバクロやホリスターを始めとするアメカジブランドも日本よりずっと安く手に入りますので、ぜひロコにならってカジュアルなオシャレを楽しんでみてくださいね!

 

ハワイに行くなら知っておいてほしいこと

ここまで読んでいただき、カジュアルな服装で現地に溶け込めだの、ドレスはワイキキ周辺だけにするべきだの、

「せっかくのハワイ旅行なのに、ずいぶんと守りに入った服装の案内だなぁ・・・」

と思われたかもしれません。

 

でもそれは、私たちの大好きな楽園ハワイで誰にも危険な目に遭ってほしくない、という強い思いがあるからなのです。

しかし残念ながら日本人が被害に遭うスリ・窃盗・暴力事件・性犯罪も少なからず発生しています。

 

2018年5月にはウォールアートで有名なカカアコ地区にある公園のトイレで、日本人の旅行者が大けがを負わされる痛ましい事件も発生してしまいました。

その治療費は500万円以上ということで、もはや「大変だったね」で済まされる金額ではありませんよね。

外務省の海外安全ホームページでは、渡航先での安全に関する情報が事例をまじえて案内されていますが、そのページにも次のように書かれています。

米国国内で入院治療を受けたものの,保険に加入していなかったために,莫大な治療費の支払いに苦しむ邦人旅行者が後を絶ちません。

ハワイ州も病院の医療費は,極めて高額となっており,ICUに収容されると1日5,000ドル以上かかる例も少なくありません。

救急車も有料で状況に応じて数百ドル~千ドルを超える費用がかかります。
2週間程度の入院・加療により,病院側から総額30万ドル(約3,000万円)を超える請求があった例も報告されています。

海外を旅行する際は,海外旅行保険に加入することを強くお勧めします。

出典:外務省海外安全ホームページ

 

ハワイは医療費が高額なことで知られていますが、急病やマリンスポーツ中のケガで病院にお世話になる人も実は少なくありません。

だからこそ絶対に忘れないでいただきたいのが、旅行中のケガや病気の医療費をカバーしてくれる海外旅行保険です。

 

丸井グループのエポスカードをはじめ、年会費無料なのに海外旅行保険が自動的に付いてくるクレジットカードもあるので、こちらの記事をぜひ参考にしてみてくださいね。

ハワイは慌ただしい日本での毎日からちょっと離れて、のんびり&ゆったりと命の洗濯ができる楽園です。

その反面、やっぱり銃の所持も許されている「アメリカ」なんだということを忘れず、自分の身は自分で守る、ということを念頭に置いたうえで楽しく過ごしたいものですね。

知って得する記事ベスト5


ツアーor個人手配どちらがおすすめ?

無料で海外旅行に入れる方法とは?

円からドルへの両替、どこがお得?

あのシェラトンワイキキに格安で泊まるには?

初めてでも迷わない!ハワイ旅行準備リスト

サブコンテンツ