Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ハイドロフラスク(Hydro Flask)は、ハワイで買うのがお得!限定コラボモデルもあります!

ハワイではみんなが愛用!街中ハイドロフラスクがあふれていた!

ハイドロフラスク(Hydro Flask®)は、ハワイで大人気となっているステンレスボトル(タンブラー)です。
ハイドロフラスコとも呼ばれています。

2017年には日本国内の公式ショップも登場しましたが・・・

 

でも、もしハワイに行く予定があるなら、ハワイの方が日本よりお得な価格で買えるんです!

そのうえ、ハワイでしか手に入らないハワイ限定商品もいろいろあるんです!!

私もハイドロフラスクを手に入れてハワイでも日本でも活用していますので、その使用感や買える場所などをご案内させていただきます!

 

そもそも、ハイドロフラスクとは?

ハイドロフラスク(Hydro Flask®)は、アメリカはオレゴン発のステンレスボトル(水筒・魔法瓶・タンブラー)です。

TempShield™というステンレス二重構造の技術が採用されており、冷たいものは24時間、温かいものなら6時間保温ができます。

ハワイでは、町中を行き交う人々の手に、よくハイドロフラスクが握られており、カフェでくつろいでいる学生さんも、こんな風に「マイ・ハイドロフラスク」を持参しています。

ハイドロフラスク

一年を通して暑いハワイで爆発的な人気となっている理由は、やっぱり「冷たいものは24時間保冷できる」という ところかもしれませんね。

 

そして、もうひとつの人気の理由は、カラーとサイズのバリエーションが豊富にそろっているところです。

たとえば、こんな風に!

ハイドロフラスク

出典:https://www.hydroflask.com/

また、キャップの部分は実店舗にもいくつか種類が用意されており、米国の公式ショップサイトでは、さらにカラフルなキャップやカバーなどをカスタマイズすることもできます。

見ているだけで楽しくなってきて、いろんなサイズやカラーで、いくつも揃えたくなってしまいますね。

・・・残念ながら、日本への発送は行っていないようです。

ハイドロフラスコ

出典:https://www.hydroflask.com/

私が買ったハイドロフラスクはコレ!

ハイドロフラスクは、ハワイ中、結構いろんなところで売られていますが、特にホールフーズマーケットは品揃えが豊富だと事前に聞いていたので、私はカイルアのホールフーズマーケットで手に入れました。

そして、実際にこのとおり、圧巻の品揃えでした。

ホールフーズのハイドロフラスク

 

また、こんな可愛らしいボトルカバーも!

わかります?ハワイ諸島がモチーフになっている、ハワイオリジナルのカバーなんです。

ハイドロフラスクのカバー

 

そして私にとっては、今回が1つめのハイドロフラスクだったので、まずは使いやすそうなサイズとカラーを選びました。

18オンス(約532ml)入るスタンダードなタイプ(ホワイト)です。

カイルアのホールフーズマーケットで$27.99(税別)でした。

ちなみに、日本の公式サイトでは同じサイズ(フタのみ別デザイン)が4,320円(税込)で販売されていました。

18 oz Standard Mouth

パラ子のハイドロフラスク

 

なお、ホールフーズマーケットについては、私が行ったときはカハラにあるホノルル店より、カイルア店の方が品揃え豊富でした。

ちなみに、ハイドロフラスク自体は楽天市場のショップでも買えますが、やっぱり少し割高のようです。

ハイドロフラスクの使用感は?

私がハイドロフラスクを実際に使ってみて感じたことをいくつかお伝えしたいと思います。

♦持ちやすい!

私がこのステンレスボトルを手に持ってまず感じたのは

「これは、滑りにくくていいかも!」

ということでした。

 

写真ではわかりづらいのですが、ボトル表面にパウダー加工が施されているためちょっとザラザラしているんです。

これが、日本でよく見かけるツルツルのタンブラーと比べて、だいぶ持ちやすいな、と思いました。

また重さについては18ozの場合約275gなので、500mlクラスのタンブラーとしては標準的かちょっと軽めかもしれません。

 

♦結露しない!

ハイドロフラスクは、ステンレス真空二重構造となっているため、冷たい飲み物を入れても結露しません。

そのため、暑い日中にバックパックに入れて持ち歩くのにも便利でした。

ただ、飲み口に近いステンレスがむき出しになっている部分数センチだけは結露します。

大した影響はないですが、手帳など濡らしたくないものをバッグに入れているときなどは、ちょっとだけ気をつけたほうがいいかもしれません。

 

♦保温性は一般的

日本でよく見かけるステンレスボトルとどう違うか?と言えば、保温に関しては性能的な違いはあまりないように思います。 

ただ、構造がシンプルなので洗いやすいというメリットはあると感じました。

あとは、日本ではまだあまり持っている人がいないので持っているとなんとなくオシャレな感じがするというところかな?と思います。笑

 

ハワイに着いたら、早めに手に入れるのがおすすめ!

私は今回、ハワイに着いたらなるべく早めにハイドロフラスクを手に入れる!と決めていました。

それは、早めに手に入れて現地ですぐに活用したかったからです。

 

ハワイは毎日暑いので、歩いているとすぐに喉が乾きますが、そのたびにABCストアやスターバックスで飲み物を買うのも面倒ですし割高です。

また、ペットボトルをむき出しで持っていると結露するうえ、すぐにぬるくなってしまいます。

でも、ハイドロフラスクを使えば、冷たい飲み物を冷たいまま持ち歩けるので、本当に便利でした。

 

たとえば、こんな風に現地のヨガレッスンにも早速持参しましたよ♪

ハイドロフラスクをヨガレッスンで

どうやら、現地のヨギーニにも、ハイドロフラスクは人気のようで、ほかにも持っている方がいらっしゃいました。

ぜひ現地に着いたら早めに手に入れて、ロコ気分でどんどん活用してみてくださいね。

 

ハイドロフラスクが買える場所は?

ハイドロフラスクは、ホールフーズマーケット以外にも割りといろんなところで販売されています。

アラモアナセンターからほど近い場所にあるドン・キホーテ(カヘカ店)も品揃えが豊富だという噂を聞いたので行ってみたのですが、よく見ると大半がFIFTY/FIFTYという、同じアメリカ発の別のブランドのものでした。

一部ハイドロフラスクもありましたが、種類はかなり少なめでした。

フィフティフィフティボトル

もしかしたら、その後入荷されている可能性もあるので、ドンキに寄ることがあれば一応チェックしてみてくださいね。

ホノルル周辺の取扱店舗(抜粋)

ホノルル周辺では、次のようなところでハイドロフラスクを手に入れることができます。

ただし、店舗や時期によって品揃えはまちまちですので、欲しいタイプが手に入らないこともあるかも知れません。

  • ドン・キホーテ(カヘカ店)[地図
  • ホールフーズマーケット ホノルル店[地図] 
  • ホールフーズマーケット カイルア店[地図
  • アラモアナセンター[地図](センタコートのキオスク、ハワイアン・アイランド・クリエーションズ、ザ・コーヒービーン&ティーリーフ、グリーンティ・ハワイなど)
  • ダウン・トゥ・アース各店
  • ハワイアン・アイランド・クリエーションズ(HIC)各店
  • クイックシルバー各店 ※オリジナルコラボ商品あり
  • コーヒービーン&ティーリーフ各店 ※オリジナルコラボ商品あり
  • アイランド・ヴィンテージ・コーヒー ※オリジナルコラボ商品あり
  • ボルコム(Volcom)各店

などなど。

ハワイ限定モデル&コラボ商品を狙おう!

実は、ショップによってはハワイ限定モデルやコラボ商品が用意されているところがあります。

好きなショップとのコラボ商品を見つけたら、それを手に入れてはどうでしょうか?

オリジナルのタイプよりは少し値段が高いのですが、その分、満足度も高くなります!

限定グラデーションカラーモデル

最近見かけるようになったのが、グラデーションカラーのモデルです。

こちらはハワイのホールフーズマーケット限定モデルで、それぞれ名前が付いていて、左から「 Waterfall」「Wildflower」「Timberline」「Sunset」となっています。 

40 oz(1.18L)の大きめモデルで47.95ドルです。

[おすすめ]アイランド・ヴィンテージ・コーヒーとのコラボモデル

私のおすすめは、アイランド・ヴィンテージ・コーヒーのコラボ商品です。

いつものハイドロフラスクのロゴ面の裏側には「Aloha」「Hawaii」の文字とハワイ諸島のイラストが描かれていて、ホントにとっても可愛いんです♥

こちらが裏側のデザインです。

アイランドヴィンテージコーヒーとハイドロフラスクのコラボ商品

 

実は・・・この前、新色(オリーブ)が登場していたので思わずアラモアナセンター1Fの店舗で買っちゃいました~!

これが私の2つめのハイドロフラスク(12oz / 354ml)です。

このサイズはちょっとした外出時にとても使いやすいんです。

たとえば、コンビニでコーヒーを買うときなどにも活用できて便利です。

ハイドロフラスク アイランドヴィンテージコーヒーモデル新色

 

クイックシルバーとのコラボ商品

米国発のサーフブランド「クイックシルバー」とのコラボモデルは、男性におすすめのカッコイイデザインです!

クイックシルバーのハイドロフラスク

出典:www.quiksilver.com

コーヒービーン&ティーリーフとのコラボ商品

コーヒービーン&ティーリーフは米国カリフォルニア発のコーヒーチェーンで、ハワイでもあちこちでよく見かけます。

コーヒー自体も美味しいお店ですので、立ち寄る機会があったらぜひコラボハイドロフラスクを見つけてくださいね。

コーヒービーン&ティーリーフコラボハイドロフラスク

 

このほかにもワイキキでウィンドウショッピングしていると、いろんなショップでハイドロフラスクをみかけます。

ぜひ気に入ったマイ・ハイドロフラスクを見つけて、お得に手に入れてくださいね!

きっと、いろんなカラー&サイズで欲しくなっちゃうはずです。

日本で買える、あのブランドとのコラボマグ!

ハイドロフラスクと高級車メルセデス・ベンツのコラボマグが日本のショップで買えます。

表側にハイドロフラスクのロゴ&アイコン、裏側にメルセデス・ベンツのロゴマーク「スリーポインテッド・スター」描かれており、男性にもピッタリなデザインとなっています。

メルセデス・ベンツ所有者じゃなくても思わず欲しくなってしまいますね!

最近ハワイでよく見るパラコードハンドルとは?

最近ハワイのショップでよく見かけるようになったのが、ハイドロフラスク専用オプションパラコードハンドルです。

パラコードはパラシュートコードの略で、実際にパラシュートのコードとして使用されている頑丈なヒモのことです。

確かにハイドロフラスクにハンドルが付くと、携帯性がグンとアップしますね!

アマゾンでも取り扱いがあるようです。

さぁ!ハイドロフラスクを持ってトレッキングへ

下山ルート

ハワイには絶景トレッキングスポットがたくさんあります!

私たちもお気に入りのハイドロフラスクを持って、ハワイでよくトレッキングに出かけるのですが、ビーチやプールと同じくらい日差しをまともに受けるので、日焼け止めは欠かせません。

そんな必需品中の必需品の日焼け止めですが、このたびハワイでは2021年から日焼け止めに関する新しい法律が施行されることが決定しました。

それはサンゴ礁に有害な紫外線吸収剤が含まれる日焼け止めの販売が禁止される、というものです。

日焼け止めの”使用”に関しての規制は含まれないのですが、できるだけ有害成分を含まないものを使ってハワイの自然保護に少しでも協力をしたいものですよね。

 

私たちも今まで日焼け止めの成分まで考えたことはなかったのですが、これを機にサンゴ礁に有害な成分を含まず、合成保存料や香料なども含まない天然由来成分100%のこちらの日焼け止めを買いました。

ヴェレダ エーデルワイス UVプロテクト

ヴェレダ日焼け止め

実はパラ子はちょっとした敏感肌なのですが、紫外線吸収剤は敏感肌にも刺激が強くて良くないのだそうです。

このヴェレダのものはもちろん紫外線吸収剤は使われておらず、肌に優しいしっとりとした付け心地!

ほんのり薄いベージュカラーなので、化粧下地にもピッタリでした。

赤ちゃんから使えるんだそうですよ。

ヴェレダ エーデルワイス UVプロテクトを見る≫

 

これからハワイへ行く予定があるなら、ぜひこの機会に「日焼け止め」についても考えていただけたら・・・と思います。

知って得する記事ベスト5


ツアーor個人手配どちらがおすすめ?

無料で海外旅行に入れる方法とは?

円からドルへの両替、どこがお得?

あのシェラトンワイキキに格安で泊まるには?

初めてでも迷わない!ハワイ旅行準備リスト

サブコンテンツ