Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

外貨両替の手数料が驚くほど安くレートが良い方法は?おすすめは海外キャッシング

2019年11月14日更新

セディナカードでの海外キャッシングが、意外にも手数料最安!?

米ドル

 

海外旅行の際に絶対に必要になるものといえば、現地で使う外貨ですよね。

私たちは、”日本国内で”ドルなどの外貨(現金)を手に入れる手軽でお得な方法のひとつとして「外貨宅配サービス」をおすすめしています。

 

ですが、

両替手数料の面から見ると実はもっとお得な方法があるのです!

しかも私たちがこれまで使った方法の中でダントツで最安!!

それはどんな方法かというと。。。

 

クレジットカードを使った海外ATMでのキャッシングです。

 

「海外キャッシングなんて、なんか怖そう・・・」

と思いますよね。

実は私たちも初めはそう思っていました。

もっと正直に言えば、かなりドキドキでした。笑

 

でも実際に利用してみると、事前準備さえきちんとしておけば特に戸惑うことはありませんでした。

そこで今回は、そんな驚くほど安い手数料で外貨両替できる方法を、私たちの実体験レポートとともにご紹介してまいります。

 

そもそも海外キャッシングとは?

ハワイのATM

 

まず「キャッシング」とは、簡単に言えば「クレジットカードを利用してお金を借りること」です。

だから海外キャッシングは「クレジットカードを利用して海外の現地通貨でお金を借りること」となります。

 

そしてお金を借りると当然「利息」が発生します。

海外キャッシング時にももちろん利息が発生しますので、大きな額のお金を”長期間”借りたままでいればそれなりの利息額になってしまいます。

これがキャッシングは怖い、と思ってしまう最大の理由ですよね。

 

でも裏を返せばすぐに返済して利息を最小限に抑えることさえできれば、安く外貨を手に入れられるということになります。

今回はそこに目を付けたワケなのです!

 

実録:私たちはどれだけ安く外貨を手に入れたのか?

まず基本的なことをおさえておきますが、国内大手の銀行などで外貨両替を行う場合、市場の為替レートに手数料が上乗せされた外貨両替レートが適用されます。

上乗せされる手数料はおよそ1ドルにつき3円前後となっており、たとえば市場の為替レートが1ドル=100円なら、外貨両替レートは1ドル=103円のように設定されます。

そして今回、私たちは海外キャッシングを利用し、市場のレートが108.95円だったときにハワイで100ドルを10,917円という驚くほど良いレートで手に入れることができたのです!!

1ドル=109.17円です。

 

両替レート1ドル=109.17円から為替レート108.95円を引くと、その差は0.22円。

つまり銀行では1ドル=3円程度かかる手数料が、1ドル=0.22円で済んだのです!

 

その差13.6倍です!

 

国内大手銀行の手数料が1ドル3円と仮定して100ドル、500ドル両替した場合、下記のとおりの違いがでてしまいます。

■外貨両替手数料比較(目安)
外貨両替方法 1ドルあたりの手数料 100ドルあたりの手数料 500ドルあたりの手数料
海外キャッシング 0.22円 22円 110円
国内大手銀行 3円 300円 1,500円

 

この歴然とした差をどう思われますか?

これはあくまでも私たちが両替した日の話ですので、その日のレートにより細かい金額は変わりますが、それにしても100ドルあたり数十円という安さは変わりません!

しかも!海外キャッシングは準備こそちょっと面倒な部分はありますが、現金を手に入れる方法としてはとても手軽です。

なぜなら現地のATMから現金を引き出すだけですから。

 

そんな手軽でお得な海外キャッシングの方法を順を追って説明します。

ちょっと準備が面倒な部分もありますが、わかってしまえば難しくないので大丈夫です!

 

海外キャッシングの手順

海外キャッシングは次の手順で行います。

STEP:1 海外キャッシングに適したクレジットカードを発行する

STEP:2 海外キャッシングを利用するための事前準備を行う

STEP:3 海外旅行先のATMで現金の引き出しを行う

STEP:4 早めに繰り上げ返済を行う

この手順で海外キャッシングを行えば、とんでもない利息が発生する心配はありませんのでご安心くださいね。

 

STEP:1 海外キャッシングに適したクレジットカードを発行する

それでは早速、STEP:1からご案内します。

繰り返しになりますが、海外キャッシングとは「クレジットカードを利用して海外の現地通貨でお金を借りること」で、実を言えばお手持ちのクレジットカードでもできるはずです。

ただ、今回の目的は両替時の手数料を最小限に抑えることですので、この目的に合うクレジットカードを選ぶことがとても大切になってきます。

 

そして、私たちが今回選んだカードがセディナカードJiyu!da!です。

恐らく「自由だ!」っていう意味なんだと思います。笑

セディナカードjiyu!da!

 

こちらの可愛らしいキティちゃんデザインを選ぶのも”自由だ!”と思います!笑

 

なぜこのカードを選んだのか?

私たちが今回、なぜセディナカードJiyu!da!を選んだのかと言えば、主に次の3つの理由からです。

<セディナカードJiyu!da!を選んだ3つの理由>

  • 年会費が無料であること
  • 外貨両替時にかかる手数料が安いこと
  • 繰り上げ返済がしやすいこと

中でも特に2番目と3番目が海外キャッシング用カードを選ぶ際にとても重要な選定ポイントとなります。

 

ただ、セディナカードJiyu!da!はリボ払い専用カードです。

”リボ払い”と聞くと引いてしまう方も少なくないと思いますが、後でご案内する設定さえ行えば一括払いが可能になりますので心配ご無用です。

 

外貨両替時にかかる手数料について

クレジットカードを利用した海外でキャッシングの「手数料」には、一般的に

  1. 国際ブランド(JCB、VISA、MasterCardなど)への手数料
  2. カード発行会社へのATM利用手数料
  3. ATM所有者への利用手数料
  4. 金利(利息)

の4つから成っています。

 

まず「1. 国際ブランドへの手数料」ですが、実は①JCB ②MasterCard ③VISAの順に手数料が安くなっていますので、おすすめはJCBかMasterCardとなります。

ただJCBは日本のブランドということもあり、場所によっては使えないお店も少なくないため、2番目に手数料が安いMasterCardを選んでおくのが無難です。

 

そして「2.カード発行会社へのATM利用手数料」と「3. ATM所有者への利用手数料」については、なんとセディナカードJiyu!da!の場合はかからないんです!!

これがセディナカードJiyu!da!が安い手数料で済む理由のひとつです。

手数料の内訳

 

実は「3. ATM所有者への利用手数料」ですが、実際にATMを操作するとこのように手数料がかかってしまうかのような表示が出ます。

「この端末の所有者は現金の引き出しに手数料を請求します。」

海外キャッシングのATM画面

 

また、取引後に発行されるレシートにもしっかり手数料込みの金額が表示されています。

 

セディナカード繰上げ返済方法

 

このように画面やレシート上では手数料が請求されるような表示になるため

「やっぱり取られるのか?」

とドキドキしてしまいましたが、実際にカード会社へ支払い(返済)する際の金額には、ATM所有者への手数料は含まれていませんでした(ホッ)。

 

金利(利息)について

キャッシングということで、やはり心配なのは金利(利息)です。

クレジットカードでキャッシングをした場合、現金を引き出した翌日から毎日同じ額の利息がかかります。

多くのカードは「年利18%」ですので、1日あたりの利息は18%÷365日で約0.05%となります。

 

例えば1万円をキャッシングした場合、1日約5円。

10万円をキャッシングした場合、1日約50円の金利がかかる計算です。

 

仮に1万円をキャッシングしてから銀行引き落とし日(返済日)までが仮に30日間だった場合の利息は

1万円 x 0.05% x 30日→150円

という計算になります。

1万円キャッシングの例

 

冷静に考えれば1万円借りて150円ならさほど大きな利息額ではありませんが、でも仮に30日間も待たずにもっと早く返済してしまえば、さらに大幅に利息を減らせますよね!

これが繰り上げ返済です。

セディナカードJiyu!da!なら、この繰り上げ返済が簡単に行えるんです!

 

これこそ、私たちがこのカードを選んだもっとも大きな理由です。

ということで、お得に海外キャッシングをするなら、まずはセディナカードJiyu!da!を発行しましょう。

 

STEP:2 海外キャッシングを利用するための事前準備を行う

さてセディナカードJiyu!da!が届いたら、次に海外でキャッシングをするための事前準備作業に入ります。

この準備が重要ですので、旅行前に確実に行うようにします。

 

1.リボ払いを回避する設定を行う

前述のとおりセディナカードJiyu!da!はリボ払い専用のカードとなっていますが、次の設定を行うことでリボ払いではなく一括払いで支払うことができるようになります。

つまり一般的なクレジットカードと同じ支払いサイクルにできるんです。

さっそくその方法をご案内します。

1. まずはセディナカードのホームページにログインをします。

ホームページ左側のメニューで「お支払いの変更」→「あと決めサービス」とクリックをします。

セディナカードリボ払いを一括に変更

 

2. 表示された画面で「変更する」をクリックします。

セディナカードリボ払いを一括に変更

 

3. 「ご利用分全額払い」→「本人会員様ご了承済み」にチェックをして「変更する」をクリックします。

セディナカードリボ払いを一括に変更

以上で一括払いにできる設定が完了します。とても簡単ですよね。

 

2. セディナカードの窓口に連絡をする

海外でセディナカードJiyu!da!を使う場合は、旅行前にセディナカードの窓口(カード裏面に記載)に一報入れておくようにします。

というのも、日本のカードがある日突然、海外で利用されたとなると不正利用の可能性も考えられるため、カードの利用停止措置を行うこともあるそうなのです(セディナカード窓口談)。

せっかく海外キャッシングのために作ったカードが現地で利用停止になってしまったら元も子もありませんよね。

そんなことにならないためにも、旅行前にセディナカードの窓口に電話をして、海外旅行でこれからカードを利用する予定がある旨を伝えておくのが確実です。

 

3. セディナカード公式アプリを入れる

キャッシングした金額は、後日セディナカードのホームページもしくはセディナカードの公式アプリから繰り上げ返済の手続きを行います。

旅行の日程によっては、旅行先でその手続きを行うこともあり得ますので、セディナカード公式アプリを入れてログインできる状態にしておくことをおすすめします。

また念のためIDとパスワードも控えておくと安心です。

 

4. ペイジー(Pay-easy)に対応した銀行口座を準備をする

後日、繰り上げ返済を行う際に、ペイジー(Pay-easy)というパソコンやスマホから利用できるサービスを介して、自分の銀行口座から返済額の振り込みを行います。

かなり多くの銀行がこのペイジー(Pay-easy)に対応していますが、まずは自分が繰り上げ返済時に利用しようと考えている銀行が対応しているかどうか事前にこちらのサイトで確認を行います。

またその銀行でネットバンキングが利用できるような準備を併せて行っておいてください(ID、パスワードなどを控えておくことも含む)。

 

5. 現地でネットが使える準備をする

現地でセディナのアプリやネットバンキングなどを使う場合にはWi-Fi環境が必要となります。

そのためポケットWi-Fiや海外SIMなど、現地でネットが利用できる環境を準備することも忘れずに!

アロハデータ

出典:ハワイ専用ポケットWi-Fi アロハデータ

以上、5つの準備を行ってから旅立ってくださいね。

 

STEP:3 海外旅行先のATMで現金の引き出しを行う

さて海外旅行先に到着したら、いよいよ現地のATMでセディナカードJiyu!da!を使って現金を引き出します。

その際は、できるだけ銀行など、防犯カメラがある場所に設置されているATMを使うことをおすすめします。

また近くに銀行がない時は人通りの少ないところを避け、周りに怪しそうな人がいないかを確認し、現金を引き出した後はすぐにお金をしまうなど細心の注意を払うようにしてください。

 

海外のATMの利用方法

海外のATMは当然、日本語ではなく現地の言語でメッセージが表示されます。

それをATMの前で翻訳しながら・・・なんてことをしていると時間がかかってしまううえ、そもそも防犯上も好ましくありませんよね。

そんなときにおすすめなのが海外ATMのバーチャル体験ができるATMシミュレーター(Webサイト)です。

JCBシミュレーター

出典:JCB ATMシミュレーター

私たちもやってみたのですが、ホントに現地のATMさながらの動きを体験できますので、必ず事前にこれで練習しておくことをおすすめします。

JCBとマスターカードの2種類をご紹介しますが、ほとんど同じですのでお好きな方を(あるいは両方)試してみてくださいね。

≫JCBのATMシミュレーター

≫マスターカードのATMシミュレーター

 

海外のATMの利用時の注意点

このほかにも海外でATMを使う際に注意すべき点がいくつかありますのでご確認ください。

  • 暗証番号を覚えておくこと
    日本のATMと同様、暗証番号がわからないとお金を引き出せません!
    必ず覚えておいてください。
  • 日本円?現地通貨?
    まれにATM操作中に「日本円」か「現地通貨」かを選択する画面が出るATMがあるようです。
    その場合は「現地通貨」を選ぶようにします。
  • キャッシング後はカードをATMからすぐに引き抜く
    キャッシングの手続きが済んで、ATMからカードが出てきたらすぐに引き抜くようにします。
    海外のATMではカードが出てきてもしばらく取り出されない場合、盗難防止のため中に取り込んでしまうようです。

 

STEP:4 早めに繰り上げ返済を行う

海外でキャッシングを行ったら、発生する金利を最小限に抑えるために、通常の返済日(カードの引き落とし日)よりも早く返済手続きを行う繰り上げ返済を行います。

 

実は繰り上げ返済がしやすいセディナカードJiyu!da!

繰り上げ返済を行う場合、クレジットカード会社によっては、手続き前にカード会社へ繰上げ返済する旨を電話連絡しなけばならないところもあります。

仮に現地から電話をかけると国際電話となりますので、そこそこの通話料がかかってしまいます。

その点、セディナカードJiyu!da!なら、海外から電話をせずに公式サイトかスマホアプリなどから返済手続きを行うだけでOK!

 

また、一般的には返済時に振込手数料がかかってしまうのですが、セディナカードJiyu!da!の場合は、ペイジー(Pay-easy)で返済(振り込み)を行うため振込手数料も無料なのです!

そういった細かい観点で見ても、セディナカードJiyu!da!は本当に海外キャッシング向きのカードと言えます。

 

繰上げ返済の方法

現地で引き出した外貨分の繰り上げ返済は、ホームページまたはアプリから行いますが、ここではアプリの画面でご案内します。

まず覚えておきたいのが、繰り上げ返済は現金を引き出した当日に行えるわけではなく、セディナカードJiyu!da!の場合アプリの明細に反映されるまでに3〜4日かかるということです。

ただ1日でも早く返済すればその分の利息が減らせるわけですから、キャッシング後はこまめにアプリでチェックすることをおすすめします。

そして明細に反映されたら、早めに以下の手順で返済手続きを行います。

 

1. アプリにログインをし「その他メニュー」をクリックします。

セディナカード繰上げ返済方法

 

2. 画面を下にスクロールし、「ご入金受付」→「入金受付サービスPay-easy(ペイジー)」をクリックします。

セディナカード繰上げ返済方法

 

3. 次の画面では「ご請求分除く残高のご入金」をクリックします。

セディナカード繰上げ返済方法

 

4. 返済金額を確認後、「全額入金」にチェックをし「申し込み」をクリックします。

セディナカード繰上げ返済方法

 

5. 次の画面でも再度内容を確認後「申し込み」をクリックします。

セディナカード繰上げ返済方法

 

6. Pay-easy(ペイジー)をどの金融機関で利用するかを選択し「決定する」をクリックします。

 

セディナカード繰上げ返済方法

 

7. Pay-easy(ペイジー)を利用する金融機関のバナーをクリックし、金融機関のページでログインをします。

 

セディナカード繰上げ返済方法

 

8. ここから先は「ゆうちょ銀行」を利用した時の画面になりますが、他の銀行でも基本的な流れは同様です。

銀行のホームページにてペイジーで支払いを行う「払込みの内容」を確認します。

セディナカード繰上げ返済方法

 

セディナカード繰上げ返済方法

 

9. 確認画面がポップアップしていますので「はい」をクリックします。

セディナカード繰上げ返済方法

 

10. 受付完了画面が表示されます。念のためにこの画面をキャプチャしておくことをおすすめします。

セディナでは繰り上げ返済を行った場合、明細に履歴が残らないからです。

セディナカード繰上げ返済方法

 

以上で繰上げ返済は完了です。

実際にやってみると、思っている以上に簡単なのでぜひトライしてみてください!!

 

繰上げ返済ではメンテナンス時間に注意

セディナカードでは次のとおりオンラインのメンテナンス時間が設けられています。

この間は繰り上げ返済手続きが行えませんのでご注意ください。

  • 毎日 23:00〜翌0:15
  • 毎月 7日 23:00〜9日 9:00

 

セディナの公式アプリが使えない国と地域がある

最近は中国、台湾などでセディナの公式サイトやセディナの公式アプリが使えないという話を聞きます。

これらの地域に行く場合は帰国後に繰上げ返済の手続きをするか、VPNを経由して繰上げ返済をするようになります。

 

まとめ

さてちょっと長々と説明してまいりましたが、実際にやってみるとホントにそんなに大変なことではありません。

このページを見ながら進めていただけば、私たちと同じように「海外両替時に手数料格安!」をきっと実現できるはずです。

ぜひ怖がらずにトライしてみてくださいね。

 

セディナカードJiyu!da!の基本情報

カードの名称 セディナカードJiyu!da! (SMBC 三井住友銀行グループ)
年会費 無料
申込対象 18歳以上(電話連絡可能)
※主婦・学生申し込み可(高校生を除く)
ショッピング支払方法 2回、リボ、分割、ボーナス払い(1回/2回)
キャッシング支払方法 1回、リボ(残高スライド定額リボ)
締日支払日 毎月末日締め 翌月27日払い
海外からの問い合わせ窓口 +81-35638-5488  (日本時間9:20-17:45)
+81-35638-5826  (日本時間上記以外の時)
その他 ・200円(税込)利用ごとに「わくわくポイント」1ポイント獲得
・海外ショッピング利用でポイント3倍
・カード紛失・盗難:届け出日から60日前まで遡って補償
・ショッピング保険:50万円まで(購入日から180日間)
・海外旅行傷害保険:なし

【パラ子&ヒデキ】 2つの無料メール講座 開催中!

パラ子とヒデキのハワイ旅行備忘録では「2つのメール講座」を開催しています!

ハワイ旅行を「もっと楽しく!お得に!」実現するために役立つ情報をメールでお届けします。

今ならご登録特典もプレゼント中です! ぜひご登録ください↓ ↓ ↓

パラ子&ヒデキのメール講座開催中

サブコンテンツ