ハワイの電圧・コンセント・変換プラグについて

ハワイって日本の電化製品が使えるの?

待ちに待ったハワイ旅行♪

いよいよ荷造りを始めるときにふと思うこと、それは、

「そういえば、ハワイって日本の電化製品をそのまま使えるのかな?」

ということではないでしょうか。

「プラグ(コンセント)の形状はどうなんだろう?」

「電圧は日本と同じ?」

「スマホの充電器は使っても大丈夫?」

など、心配ごとはいろいろありそうですね。

今回はみなさまのそんな疑問にお答えします。

スポンサーリンク

ハワイのプラグ(コンセント)の形状について

電源プラグの形状は国によって異なりますが、ハワイは日本と同じA型となっています。

ハワイの場合は3つ目の穴(アース用)がありますが、コンセントの形状自体は同じなので、ハワイのコンセントには、日本の家電製品のプラグをそのまま差すことができるんです。

ハワイのコンセント形状

“それなら、ハワイでは日本の家電製品がそのまま使えるんだ!”

と思った方!ちょっとお待ちくださいね。

ハワイで日本の家電を使うには、もうひとつ「電圧」というハードルがあるんです。

ハワイの電圧について

日本国内の電圧は100V(ボルト)です。

これに対してハワイは110/120Vと日本より少し高くなっています。

ただ、あまり大きな違いではないため、日本国内使用を前提に作られている家電製品でも、ハワイでそのまま使えないこともないのですが、故障や事故に繋がる恐れがあるので、おすすめできません。

どうしても日本国内使用を前提の電化製品を使用したい場合は、電圧を変換する「変圧器」を利用する必要があります。

たとえば、こちらはカールドライヤーですが「AC100V」と表示されていますので、日本国内仕様となり、変圧器が必要です。

日本国内仕様の家電

 

一方、こちらはストレートヘアアイロンなのですが、こちらには「AC100~240V」と書いてあります。

つまりこちらは240vの電圧まで対応している海外対応仕様の製品となり、変圧器を使わずにそのまま使えます。

海外対応ヘアアイロン

ということで、まずは自分がハワイで使いたい家電の電圧が国内仕様なのか?海外対応仕様なのかを確認してみましょう。

海外用変圧器について

海外用変圧器とは、日本国内仕様(AC100V)の電気製品を、海外でそのまま使えるようにするために電圧を変える機器です。

変圧器によっては「130Vまで」など対応可能な電圧が異なるうえ、「消費電力は200wまで。ドライヤーやヘアアイロンには使えません。」

と、消費電力や用途が制限されている場合もありますので、購入時には注意が必要です。

また、たまに100円ショップなどでも見かけますが、海外旅行アイテムとして販売されているプラグの形状を変更するアダプターには変圧器の機能はありませんので気をつけてくださいね。

これからも海外に行くことがありそうなら、この機会にちゃんとした変圧器を手に入れてしまっても良いと思います。

 

 

製品ごとの対応状況について

◊スマホやデジカメの充電器

まず、iPhoneを始めとする各スマホのメーカー純正充電器は、海外でも使えるユニバーサル対応となっているものがほとんどです。

念のため、電圧表示がどのようになっているのかを確認してみてください。

INPUT:AC 100V-240V  → ハワイでそのまま使える

INPUT:AC 100V →変圧器が必要

サードパーティ(純正品ではないもの)は国内仕様となっている場合も考えられますので、よくご確認のうえご使用ください。

◊パソコン

パソコンのACアダプターもユニバーサル対応となっているので、ハワイでそのまま使うことができます。

ただし、メーカーによっては海外での使用自体を保証していないところありますので、その場合はあくまでも自己責任で使用するということを念頭に置いておいた方が良さそうです。

◊ドライヤー・ヘアアイロン

まず前提として、髪を乾かすだけのフツーのドライヤーは、ホテルやコンドミニアムの部屋に備えられているので、わざわざ日本から持っていく必要はありません。

もし、部屋になくてもフロントデスクに言えば貸してもらえるはずです。

日本から持っていく必要があるとすれば、カールドライヤーかヘアアイロンになると思いますが、もしお持ちのものが国内仕様(100V)である場合、私は変圧器ではなくて、海外兼用の製品を新たに買われることをおすすめします。

というのも、前にも書きましたとおり、変圧器は消費電力の上限が設定されているものが多いので、消費電力が高いヘアアイロンやドライヤーに対応しているものはなかなか見つからない、またはあっても値段が高いものが多いです。

だから、むしろ海外対応のものを買ってしまったほうが安上がりなんです!

実際に私も楽天市場でこれ»を買いました。  ハワイでもバッチリ使えましたよ!値段も安くて3,000円ちょっとでした。

重さも345gと、とても軽くてコンパクト。

日ごろ日本で普段使いしつつ、専用ケース付きなので、国内旅行・海外旅行にも活用しています。

こんな風にカラフルなのも可愛いですね。こちらも344gと、とても軽量です。

 ◊電気シェーバー

男性が旅行中に必要な家電といえば、電気シェーバーですよね。

こちらもまずは、お持ちの電気シェーバーの定格電圧を確認してみてください。

もし、100-240Vとなっていれば、ユニバーサル対応ですのでそのままハワイでも使えます。

国内仕様であれば、この機会に買い換えてみてもいいかもしれませんね。

または旅行中だけはカミソリで乗り切るという方法もありますよね!

参考までに、カミソリは刃物となりますので機内持ち込みはできません。必ずスーツケースに入れてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

ここまでの内容をまとめるとこんな感じになります。

  • 日本とハワイはコンセント(プラグ)の形状は同じでも、電圧が少し異なる。
    このため日本仕様(定格電圧:100V)の製品を使うには、変圧器(トラベルコンバーター)が必要。
  • 普段日本で使っている製品が、海外でも使えるユニバーサル対応(定格電圧:100v~240vなど)かどうか、電圧を確認してみる。
    ユニバーサル対応ならそのままハワイでも使える。
  • 変圧器にはいろいろな種類があり、ドライヤーなどの消費電力が高い製品が使えないものも多いので、選ぶのには注意が必要。
  • 変圧器を選ぶのが難しければ、海外兼用の製品を新たに買うのも一案。むしろ変圧器を買うよりも安い場合もある。

 

いかがでしょうか。
ハワイでの電化製品の使い方を確認していただけましたでしょうか。

しっかり事前に準備して、ハワイ旅行中も快適な毎日を過ごしてくださいね!

<おまけ>

ハワイ(米国)では日本で言う電源プラグの差込口「コンセント」のことをコンセントとは呼ばないってご存じでしたでしょうか。

現地ではアウトレット(outlet)または、壁に付いているのでウォール・アウトレット(wall outlet)と呼びます。

このほかにも、ハワイでは通じない日本独自のカタカナ英語が意外にたくさんあるんです。

気になる方はこちらの記事で旅行前に予習をしておいてくださいね!


関連記事&スポンサーリンク


パラ子とヒデキのメルマガです!ぜひ登録してくださいね♪
画像クリックからどうぞ^^

LINEで送る
Pocket

サブコンテンツ

このページの先頭へ