Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

タンタラスの丘夜景観賞ツアー体験記!|所要時間・治安・料金

2019年11月12日更新

オアフ島随一の夜景スポット「タンタラスの丘」からの景色が見たい!

タンタラスの丘

PHOTO AC

タンタラスの丘はホノルル市内を一望できる、オアフ島屈指の絶景スポットです。

観光客に人気のビューポイントというだけでなく、昼間はローカルの人々がハイキングを楽しむ憩いの場にもなっています。

タンタラスの丘の本当の名称は「プウ・ウアラカア州立公園(Puu Ualakaa State Park)」と言います。

それがなぜ「タンタラスの丘」と呼ばれるようになったのかと言えば、一説には公園に至るまでの道が狭く曲がねってなかなかたどり着かないるため、”じれったい” “もどかしい”という意味の「Tantalizing(タンタライジング)」からきているのだとか。

 

タンタラスの丘は夜景が有名!

そんなロコからも愛されているタンタラスの丘ですが、昼間の景色はもちろんのこと、実は「夜景」がきれいなことで有名です。

なのですが!実は私たちはなかなかチャンスがなく、これまでタンタラスの丘からの夜景を見たことがありませんでした。

ということで、念願の夜景観賞ツアーに参加してきました!

 

タンタラスの丘夜景鑑賞ツアー

私たちは今回、現地オプショナルツアーの大手「ベルトラ(VELTRA) icon」から予約してタンタラスの丘夜景鑑賞ツアーに参加してきました。

このツアー、所要時間2時間ほどでサクッと参加できるのに、ただ夜景を見に行くだけではないちょっと面白い内容になっていて、しかも料金も一人30ドル(チップ別)となかなかリーズナブル!

ハワイの夜を手軽に楽しめるおすすめのツアーでしたので、その内容をご紹介してまいります。

 

まずはピックアップ

タンタラスの丘夜景鑑賞ツアー は、滞在先の最寄りのホテルでピックアップしてもらうか、またはTギャラリアの横(ロイヤルハワイアン通り)に集合となります。

私たちはTギャラリア集合組だったのですが、集合時間より早くツアーのバンが到着してスムーズにピックアップしてもらえました。

 

運転手兼ガイドのジョディさん(男性)はのっけからかなりのハイテンション、しかも日本語ペラペラ!

「これは楽しいツアーになりそう!」

とすぐに確信しました。

 

次のお客さんのピックアップ先に向かう間にも、

「ここのレストランはワイキキの中にあってもリーズナブルで美味しい!」

「ここの店はブランド品が安く買えるから絶対にチェックしたほうがいい!」

 

など、ものすごい量の現地情報を運転しながらずーっとicon教え続けてくれます。

日ごろからハワイ情報の収集はけっこうしているつもりの私たちでも知らないことがいろいろあり、とってもありがたかったです!

 

ディナー付き組と合流

実はタンタラスの丘夜景鑑賞ツアー にはディナー付きとディナーなしの2つのプランがあります。

私たちは今回ディナーなしプランだったのですが、ディナー付きプラン(ひとり60ドル/チップ別)の場合は、カピオラニ公園の近くにある「ベアフットビーチカフェ」でのディナーが付いています。

日本のTV番組でも登場したことがあるビーチ沿いの人気カフェです。

ベアフットビーチカフェ

 

このディナー付きプランの方と合流するために立ち寄ったのですが、ちょっと時間があったのでビーチで夜景をパチリ!

ワイキキの夜景

 

ここからでも十分きれいな夜景が拝めます。

治安の心配があって夜間はなかなか来ることがない場所であるため、これはそこそこ貴重な一枚です。

 

続いてセーフウェイ(SAFEWAY)へ

さてディナー付きの方たちと合流し総勢10数名、さすが人気のツアーというだけあってバンは満員御礼状態です。

次はカパフル通りにあるスーパーマーケット「セーフウェイ」へ向かいます。

そうなんです、面白いことにこのツアーはセーフウェイに立ち寄るプランとなっているんです。

ハワイのセーフウェイ

※別の日に昼間撮ったセーフウフェイ

カパフル通りのセーフウェイは大きくてきれいな店舗なのですが、ワイキキから3Kmほど距離があるため、観光客が自分で行こうと思っても少し行きづらい場所かもしれません。

そこに連れて行ってくれて、しかも買い物タイムが30分も確保されています。

これはなかなか気が利いている企画だなぁ!と思います。

私たちも、ハワイに来れば毎回セーフウフェイで買うことにしているギラデリのチョコレートなどを購入てショッピングタイムを楽しみました。

またタンタラスの丘にはトイレがないので、ここで立ち寄っておきました。

 

お次はマラサダで有名な「レナーズ」へ!

私たちがこのツアーで楽しみにしていたことのひとつが、ロコに大人気のレナーズの「マラサダ」が一人ひとつずつもらえる!というものでした。

カパフル通りにあるレナーズ本店は朝5時半から夜10時まで営業しており、午前中や昼間は店の外まで長い行列ができるほどの人気店です。

レナーズ(ハワイ)本店の外観

 

夜8時過ぎになるとさすがに行列はありませんでしたが、それでも何名かのお客さんが来店していました。

レナーズ本店(夜)

 

このネオンだけ見るとまるでラスベガスみたいです。笑

レナーズ本店(夜)

 

マラサダはハワイで人気の”おやつ”ですが、ガイドさん曰く、ローカルの間ではマラサダと言えばレナーズが定番なので、ほかの人へのお土産でレナーズ以外のマラサダを持参する場合には、

なぜレナーズではないのかの理由(言い訳?)を言わなければならないそうです。笑

そんなレナーズの”揚げたて”のマラサダがこのツアーには付いているんです!

この”揚げたて”というのが、このツアーが粋だなぁ!と私たちが感じた点のひとつです。

 

仮にツアー主催者が楽をしようと思えばあらかじめ人数分のマラサダを買っておいて、冷めたものを配ってもいいわけです。

でも、このツアーでは各自が食べたいマラサダのフレーバーのリクエストを車内で聞いてくれて、それをその場でガイドさんが注文し、セーフウェイの後に一緒にレナーズ本店へ受け取りに行くという流れだったのです。

 

私たちはこれまで何度もレナーズのマラサダを食べてきましたが、冷めてもそれなりに美味しいのですが、やはり揚げたてのカリッ&モチッという食感に勝るものはありません!

その揚げたての美味しさを味わってほしい、というツアー主催者の思いが込められているんだな・・・と感じたのです。

その肝心なマラサダですが、車内では暗くてうまく写真が撮れなかったので、別の日に買ったものを載せます。

レナーズのマラサダ

 

揚げパン、あるいはあんドーナツのように見えますが、まったくの別物です。

マラサダはマラサダなんです!一度食べればわかります!笑

 

いよいよタンタラスの丘へ

さて車はいよいよ今夜の最終目的地、タンタラスの丘へ向かいます。

その間もガイドさんの楽しい弾丸トークは続きます。

たとえば、ここはオバマ元大統領も通った名門校「プナホウ・スクール」だとか、

このあたりに日本の芸能人の誰それが家を持っていたとか、道中も決してお客さんを飽きさせないんです。

 

そんなサービス精神旺盛なガイドさんが、急に

「ちょっと待っててください!」

と言って車を停めて外へ出て行ってしまったかと思えば、こんな花を持って帰ってきました。

月下美人

 

私も名前だけは聞いたことがあった「月下美人」の花です。

月下美人は夜に咲き始めて翌朝までにしぼんでしまうという貴重な花ということもあり、本物を見たのは初めてです。

ちなみに、どんな良い香りがするのかな?と思って嗅いでみましたが、ほとんどなんの香りもありませんでした。笑

 

タンタラスの丘へ到着!

車はどんどんと山道を登っていき、いよいよタンタラスの丘へ到着!

と言ってもプウウアラカア州立公園は夜は閉鎖されて入れないため、途中の路上で停車します。

ここはロコたちのデートスポットにもなっていてこの日も多くのカップルやグループが来ていました。

 

そのため私たちの乗ったバンもなんとかギリギリ駐車スペースを確保できた、といった感じです。

そこからの眺めがこちらです。

ワイキキのホテル群の煌々と輝くネオンがそれはそれは綺麗!

タンタラスの丘からの夜景

タンタラスの丘夜景(ハワイ)

 

スマホでズームして撮るとせいぜいこれくらい・・・

タンタラスの丘からの夜景

 

もっといいカメラ持って行けばよかった・・・

本物の夜景はこの何倍も美しかったので、ぜひいいカメラを持って行ってみてくださいね。

 

ここではガイドさんがひとグループずつ夜景をバックに写真を撮ってくれました。

そしてこの絶景を眺めながら、アツアツのトロピカルティーと一緒にさきほどのマラサダを堪能しました!

どちらもサイコーに美味しかった~♪

 

帰りもガイドさんの楽しいトークが繰り広げられる中、バンはホテルに到着しました。

帰りは最寄りのホテルではなく、各自が滞在しているホテルまでちゃんと送り届けてくれるので安心です。

タンタラスの丘夜景ツアー

こうしてあっという間に楽しいツアーが終了しました。

 

タンタラスの丘夜景観賞ツアーに参加して

このツアーに参加してみて、まずは念願のタンタラスの丘からの美しい夜景をこの目で見ることができたのが本当にうれしかったです!

タンタラスの丘はワイキキからは10Kmほど離れた場所となっているため、レンタカーまたはオプショナルツアーで行く必要があるのですが(ザ・バスでは行かれません)、夜行くならやはりオプショナルツアーが正解だと思いました。

というのもタンタラスの丘は車上荒らしなども発生しているような、あまり治安がいいとは言えない場所だからです。

 

もうひとつ私たちが気に入ったのは、短時間で参加できるツアーであったことです。

20時ちょっと前にピックアップしてもらい、22時前にはもうホテルに帰ってくる、という2時間ほどでサクッと行かれる手軽なツアーでしたので、翌日も早朝から予定が入っていたのですが、何も影響せずに済みました。

これならお子様連れの方やご年配の方が参加されても疲れずに楽しめるのでは?と思います。

実際に1歳の赤ちゃんを連れた方も参加されていました。

 

もし機会があれば、自分たちが滞在しているワイキキを丘の上から眺められるこのツアーにぜひ参加してみてください。

きっと想像以上に美しい夜景を拝めて、またひとつ新しいハワイの魅力が発見できるはずですよ!

 

※このツアーに参加された方の体験談もたくさん載っていますので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

≫タンタラスの丘夜景鑑賞ツアーの体験談を見る icon

 

こちらの記事も読まれています

【パラ子&ヒデキ】 2つの無料メール講座 開催中!

パラ子とヒデキのハワイ旅行備忘録では「2つのメール講座」を開催しています!

ハワイ旅行を「もっと楽しく!お得に!」実現するために役立つ情報をメールでお届けします。

今ならご登録特典もプレゼント中です! ぜひご登録ください↓ ↓ ↓

パラ子&ヒデキのメール講座開催中

サブコンテンツ