空港からワイキキまではどんな方法で行かれる?

ダニエルKイノウエ国際空港(ホノルル空港)

 

日本からはるばる約7時間ちょっと。

ようやくオアフ島の玄関口ダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル空港)に到着!

でも、ダニエル・K・イノウエ国際空港からワイキキまでは15kmほどの距離がありますので、ホテル送迎付きのパッケージツアーでない限り、自分で何らかの公共交通機関を利用することになります。

 

そこでここでは格安からゴージャスまで、いろいろ選べる空港→ワイキキの移動手段をご紹介します。

※カハラまたはコオリナ(アウラニディズニーなど)までの送迎はこちらをご覧ください。

シャトルバス 

日本からの観光客がよく利用しているのがエアポート・シャトルと呼ばれている、空港からホテルまでの送迎を専門に行う乗合のシャトルバスです。

チップ込みの料金となっているため、ドライバーさんへのチップの心配をしなくていいのもうれしいポイントです。

シャトルバスは1~2名の場合におすすめ

ロバーツハワイ・エクスプレスシャトル
出典:http://www.airportwaikikishuttle.com/jp

 

少人数(1~2名)の旅行の場合、シャトルバスの方があとで紹介するほかの交通機関より料金は割安となります。

ただ乗合バスとなるため空港でほかのお客さんが揃うまで待ったり、またそれぞれお客さんが滞在するホテルを順番に周りますのでちょっと時間がかかります。

 

いくつかあるシャトルバスの中で、ロバーツハワイが運営しているサービスなら、送迎先が5か所以内に限定されているため、多くのホテルを周る可能性がある他社のサービスよりも早めに到着できます。

■シャトルバス(ロバーツハワイ)

料金:17ドル~(チップ込み)

<特徴>
・24時間送迎対応
・送迎先が最大5カ所まで
・荷物は2個まで無料
・3歳以下は無料(大人の膝の上にのせる)
・アラモアナ・センター立ち寄りプランも選べる

 チャーリーズタクシー

チャーリーズタクシー

出典:http://charleystaxi.com/

チャーリーズ・タクシーは空港からホテルまで定額料金で送迎サービスを行っているタクシー会社です。

チャーリーズタクシーのメリットは、日本語で事前の予約ができること、そしてホノルルの空港から電話(日本語でOK)をかけるとわりとすぐに迎えに来てくれるところにあります。

チャーリーズタクシーは3~4名の方におすすめ

チャーリーズ・タクシーは、乗り合いタクシーではなく、日本のタクシーと同じでそのお客様(グループ)のみの貸し切りで利用できます。

空港から自分のホテルまで直行となるため、乗り合いのシャトルバスよりも所要時間が格段に短くなります。

車種は普通のセダンなので定員は4名までとなります。

 

日本から予約した場合、日本語の話せるドライバーさんに当たることが多いようで、私たちが利用したときもそうでした。

おかげでワイキキまでの道中、美味しいお店などの情報も教えてもらえて、とても有益で楽しい時間を過ごせました。

■チャーリーズタクシー

料金:29ドル(チップ別)

<特徴>
・3~4名で利用すればシャトルバスより割安
・1名につきスーツケース1個と手荷物1個までは持ち込み可能
・別途15%程度のチップが必要
・乗合ではないため早めに到着するので急いでいる方におすすめ

リンカーンリムジン

リンカーンリムジン

 

新婚旅行や家族でハワイに来て挙式、グループ旅行などの場合は、一生の思い出に憧れのリムジンをチャーターしてみてはいかがでしょうか。

同行の家族には内緒で予約しておいて、現地でリムジン登場!なんてサプライズも楽しそうですね。

実はリムジンは高くない?

リムジンの料金は100ドル(チップ別)~と金額だけ見るととても高く感じてしまいますが、人数が多いグループでの利用なら、実はエアポートシャトルの利用時と大して変わらない料金で利用できます。

そのせいもあっていか最近は新婚旅行のカップルだけでなく、友達グループでカジュアルに楽しむ方も増えているようで、ハワイ滞在中にリムジンを見かけない日はないほどです。

 

日本ではなかなかリムジンに乗れる機会はないと思いますので、思い切ってハワイ旅行の記念に乗ってみるのもいい経験になりそうですね。

■リンカーンリムジン

料金:
[7名乗り]100ドル(チップ別)
[8名乗り]106.25ドル(チップ別)

<特徴>
・空港からゴージャス&リッチにホテルまで行かれる
・別途15%程度のチップが必要

貸し切りミニバス

ミニバス(レアレア)
※ミニバスのデザインは異なる場合があります

 

社員旅行や、親せき・友人を集めた大人数のグループ旅行におすすめなのが貸し切りミニバスの利用です。

貸し切りだから他人に気兼ねすることもないうえ、グループ全員で移動するため初めてのハワイで誰かが迷子になる、という心配もありません。

■貸切ミニバス

料金:288ドル(チップ込み)

<特徴>
・20名まで乗車可能(幼児含む)
・荷物は20個まで(ゴルフバック含む)
・6:00~22:00の時間帯で送迎可能

ザ・バス(TheBus)

ザ・バス20番(ホノルル空港からワイキキ)

 

ザ・バス(TheBus)は、オアフ島内で運行されているホノルル市の公営バスです。

大人1回$2.75という良心的な料金設定となっており、空港からワイキキまでもこの料金で行くことができるのですが、ほとんど観光客には利用されていません。

 

その理由はザ・バスにはスーツケースやサーフボード、ゴルフバッグなどの大きな荷物は持ち込めないルールとなっているからです。

もしバックパックなどで身軽にハワイまで行く機会があれば利用してみてはいかがでしょうか。

[ハワイ]ホノルル空港からザ・バスでワイキキへ移動する方法|乗り場・路線・料金など

その他の移動手段は?

タクシー

空港からは予約不要で乗れる普通のタクシーも運行されています。

ただ料金が$40程度(チップ別)と安くないうえ、けっこう列に並んでいる人が多いのであまりおすすめの方法ではありません。

事前に予約し忘れた場合に利用する程度が良いと思います。

Uber(ウーバー) / Lyft(リフト)

ハワイでは配車アプリのウーバー(Uber)とリフト(Lyft)が利用できます。

私たちも2度ほどウーバーを利用したことがあるのですが、料金も普通のタクシーより安く、スムーズに移動できてとても便利でした。

ウーバーの車種にも寄りますが、エコノミータイプ(Uber X)なら20ドル台で空港→ワイキキ間を移動できます。

 

ただウーバーやリフトをこれまでに利用したことがある人ならいいと思うのですが、初めての人がハワイで使うのはちょっとリスク(というか準備や後処理がちょっと面倒)があるかな?と感じます。

またドライバーさんで日本語を話せる人はなかなかいないはずですので、英語で多少のコミュニケーションが必要です。

でもスマホ画面の上をチョロチョロ動くのを見てたりするのは面白いので、自己責任で使ってみるのはアリだと思います。

空港→ワイキキホテル送迎まとめ

ダニエル・K・イノウエ国際空港からワイキキまでの移動手段は、利用する人数によってもお得さが変わります。

自分たちの利用形態にあった方法をぜひ選んでくださいね。

シャトルサービス(ロバーツハワイ) ※1~2名
17ドル~(1名) ・送迎先が最大5カ所まで
・チップ込み
・3歳以下は無料
・アラモアナセンター立ち寄りプランも選択可
詳細»
チャーリーズタクシー ※2~4名
29ドル(1台) ・3名以上ならシャトルバスより割安
・到着が早い(貸切のため)
・チップ別(15%程度)
詳細»
リムジン  ※1~8名
100ドル~(1台) ・ゴージャス(新婚旅行向き)
・7名~8名まで乗車可能
・チップ別(15%程度)
詳細»
貸し切りミニバス ※最大20名
288ドル(1台) ・貸切なので大人数でも気兼ねなく移動できる
・到着が早い(貸切のため)
・荷物は20個まで(ゴルフバッグ含む)
・チップ込み
詳細≫
ザ・バス ※1名~
2.75ドル(1名) ・最安手段
・スーツケースなど大きな荷物はNG
詳細»

※たまに料金の改定があります。最新価格は詳細ページにてご確認ください。
※チップ別の場合は、降車時に料金の15%程度を目安にチップをドライバーに支払います。