ESTA(エスタ)の有効期限はどうやって確認すればいい?

以前、ハワイなどの米国に行く際に、エスタ(ESTA:アメリカ電子渡航認証システム)の申請を行った覚えがあるものの、

有効期限がいつだったのか忘れてしまった・・・!」

ということはありませんか?

今回は、そんな忘れてしまいがちなエスタの有効期限の確認方法をご案内します。

そもそも、エスタの有効期間は?

エスタのそもそもの有効期間は次のとおりとなっています。

  • エスタの有効期間は申請日から2年間
  • ただしパスポートの有効期限が早い場合は、エスタもパスポートの有効期限まで

 

ということで、まずはお持ちのパスポートの有効期限を確認してみてください。

たとえエスタの申請日から2年以内でも、パスポートの有効期限がそれより手前であればエスタの有効期限もそこまでとなります。

パスポート
パスポートの有効期限

 

なお、パスポートに表示されている発行年月日や有効期限の「月」は英語の略語となっています。

どの略語がどの月なのかについてはこちらの表を参考にしてください。

パスポートの「月」の略語表記
略語 略語
JAN 1月 JUL 7月
FEB 2月 AUG 8月
MAR 3月 SEP 9月
APR 4月 OCT 10月
MAY 5月 NOV 11月
JUN 6月 DEC 12月

※6月と7月は1文字違いで紛らわしいのでご注意を!

エスタの有効期限の確認方法

パスポートの有効期限がまだ先だった場合は、自分が以前申請したエスタの有効期限がいつなのかを調べます。

エスタの有効期限の確認は公式サイトから行えます。

エスタ公式申請サイト:https://esta.cbp.dhs.gov/

途中でパスポート番号の入力が必要となりますので、あらかじめパスポートを用意してから確認作業を始めてください。

1. 言語を「日本語」に切り替える

公式サイトの言語の初期設定は「英語(ENGLISH)となっています。

ページ右上「CHANGE LANGUAGE」を開き、リストから「日本語」を選択します。

エスタ公式サイト

2. 「既存の申請を続行する」をクリックする

有効期限を確認する場合は「既存の申請を続行する▼」ボタンのプルダウンリストを開き、

    • 申請時に個人で申請した場合 ⇒「個人による申請」ボタン
    • 家族分などをまとめて申請した場合 ⇒「グループによる申請」ボタン

をそれぞれクリックします。

ESTA(エスタ)有効期限確認方法

3. セキュリティに関する通告

「セキュリティに関する通告」がポップアップ表示されますので「確認して続行」ボタンをクリックします。

ESTA(エスタ)有効期限確認方法

4. 個人申請の検索

この画面では有効期限を調べるために必要な情報を入力します。

まずは「パスポート番号」と「生年月日」を入力します(いずれも必須)。

次に以前エスタを申請した際の「申請番号」、あるいは「市民権」(=パスポートに記載の国籍)+パスポートの「発行日」「有効期限」を入力するのですが、恐らく申請番号(英数16ケタ)を覚えていることはあまりないのでは?と思います。

 

ということで

  • 市民権 ⇒ 日本の場合は「JAPAN(JPN)」を選択
  • 発行日 ⇒ パスポートに記載の「発行年月日/Date of issue」を入力
  • 有効期限 ⇒ パスポートに記載の「有効期間満了日/Date of expiry」を入力し

「申請の検索」ボタンをクリックします。

ESTA(エスタ)有効期限確認方法

5. 有効期限の表示

a) 有効期限内の場合

エスタが有効期限内の場合は「認証は承認されました」というページが表示されます。

右端に書かれた「有効期限」がエスタの有効期限となります。

このときに「印刷」マークから印刷用ページ開いて印刷し、これをパスポートと一緒に保管しておけば有効期限を忘れずに済みます。

ESTA(エスタ)有効期限確認方法

b) 有効期限切れの場合

すでにエスタの有効期限が切れている場合は「申請が見つかりません」と表示されます。

その場合は必要に応じてエスタを再度申請する必要があります。

 

エスタは延長、更新などはできず、期限が切れたら毎回新たに申請する必要があるためです。

なお、エスタの申請方法についてはこちらのページを参考にしてみてください。

エスタ(ESTA)の申請は自分で行える!<料金・申請方法・所要時間>

エスタの有効期限に関する注意点

繰り返しになりますが、エスタの有効期間は申請日から2年間となっています。

ただし、その前にパスポートが有効期限を迎える場合は、エスタもパスポートの有効期限までとなります。

つまり、エスタの有効期限がまだ残っていてもパスポートの有効期限が切れたら、再度エスタの申請が必要となりますので気をつけてくださいね。

ESTA(エスタ)有効期限確認方法

また、たとえエスタの有効期間内にパスポートを取り直しても、エスタの残存期間は無効となり、あらためて申請が必要となりますのでご注意ください。

エスタはいつまでに申請すればいいのか?タイムリミットは?

エスタの有効期限(またはパスポートの有効期限)が切れていた場合、再度エスタの申請をすることとなりますが、出国予定日のどのくらい前までに申請が済んでればいいのかをご存じでしょうか。

答えは遅くとも72時間前(3日前)までとなります。

エスタ公式サイトに「警告とお知らせ」にそのように書いてあります。

エスタ’(ESTA)警告とお知らせの意味

注意:米国へ出発する72時間前までにESTAを申請してください。リアルタイムの承認は利用できなくなり、以前に承認されたESTAなしで空港に到着すると、搭乗が拒否される可能性があります。

 

つまり、出国当日になって初めてエスタの有効期限が切れていることに気づいた、という場合はいくら航空券を持っていても飛行機に搭乗できない可能性が高くなりますのでくれぐれもご注意ください。

詳しくは下記のページでご案内しています。

ESTA(エスタ)はいつまでに申請が必要?出発の何日前までなら間に合う?

海外旅行をするなら、忘れてはならないこの準備

もうすぐ海外旅行に出発するなら、忘れてはいけないのが、日本円からの外貨両替と万が一に備えての海外旅行保険の準備です。

でも、どうせ必要なものならできるだけ「お得」に準備したいと思いませんか?

えっ!銀行での外貨両替はお得じゃない?

日本円から外貨への両替と言ったら、やっぱり「銀行に行く」というのが多数派ではないでしょうか。

でも実は・・・今どき、銀行での外貨両替はお得とは言えないのです。

 

ではどんな方法ならお得なのか?

それは、こちらのページでしっかり確認してみてください↓ ↓ ↓

円ドル両替はどこでするのが正解?手数料が安い&レートが良いおすすめ方法はコレ!

海外旅行保険を「無料」で準備する方法とは?

医療費が日本よりはるかに高額なことの多い海外に行くなら、海外旅行保険への加入は必須です。

手術

 

「でも家族みんなで保険に加入するとだいぶ出費がかさみそうだし・・・。」

とお悩みなら、海外旅行保険が自動付帯する年会費無料のクレジットカードを作って保険料を無料にしてしまってはいかがですか?

 

ひとり旅、ご夫婦での旅行、お子様連れ、親御さん連れで旅行する場合、それぞれの旅行形態に合うおすすすめカードがあるんです!!

私たちも毎回お世話になっているお得な方法をご紹介します↓ ↓ ↓

海外旅行保険は必要?入るべき?安くするコツはクレジットカードの選び方に!おすすめカードもご紹介します