ハワイはステーキの有名店がいっぱい!でも・・・

ステーキシャック(ハワイ)

 

世界中の味覚が集まる常夏の楽園ハワイには、ステーキの有名店も多数あります。

せっかくハワイに来たからには、そういった高級ステーキレストランに一度は訪れたいものですが、さすがに気軽に何度も立ち寄るのは難しいですよね。

でもそこはグルメの宝庫、ハワイです!

 

ワイキキ周辺には安くて気軽にステーキを食べられるお店だってあるんです。

そこで今回は、格安9.5ドル(税別)から美味しいステーキが楽しめる、ステーキ店 ステーキシャックの場所と行き方、メニューなどをご紹介します!

ステーキシャックはどんなお店?

ステーキシャック(STEAK SHACK)はステーキ店と言っても、ちょっとオシャレして行きたくなるようないわゆる高級ステーキレストランではありません。

もともとシャック(SHACK)には「小屋」という意味があり、見てのとおりの“ステーキ小屋”なので、Tシャツ&短パン(何なら水着でも)で気軽に立ち寄れます。

ステーキシャック(ハワイ)

 

「こんなに小さなお店が本当に美味しいの?」

なんて思ってしまうかもしれませんが、実はリーズナブルに美味しいステーキが楽しめる名店として、ローカルやハワイ好きの間ではとても人気なのです。

ステーキシャックのメニューは?

ステーキシャックではご飯の上にステーキがのった「ステーキ丼」という形で、ハワイでは一般的なプレートランチで提供されます。

メニューの種類と値段は次のとおりです。

ステーキシャックのメニューと値段
番号 メニュー 値段(税別)
1 ステーキプレート(170g)6oz 9.5ドル
2 ステーキプレート(283g)10oz 14.5ドル
3 ステーキプレート(340g)12oz 16.5ドル
4 ステーキプレート(400g)14oz 18.5ドル
5 チキンプレート(170g) 8.75ドル
6 ステーキ・チキンコンボ(各141.5g) 13.75ドル

※すべてのメニューにライスとサラダが付いています。

ハワイの中でも特に物価が高いワイキキにありながら10ドル以下からステーキが食べられるって、かなりスゴイことなんです!

170gはやや少なめなので女性にピッタリだと思います。

男性なら283g以上をぜひガッツリ行っちゃってください!

 

二人でシェアして食べるなら340~400gがちょうどいいと思います。

私はまだ食べたことがないのですが、チキンもかなり評判がいいので(チキンの方がおすすめという人もいます)コンボを選ぶのも良さそうですね。

ステーキシャックの注文方法

1.ステーキシャックでは、まずは「OPEN」と書いてあるカウンターでオーダーを行います。

ステーキシャック(ハワイ)

 

2.カウンターには番号付きの日本語メニューがあるので、メニューの番号(①~⑥)を伝えればOK!

「ワンハンドレッド・セブンティグラム(170g)」なんてわざわざ言わなくて済むのでとってもラクチンです。

ステーキシャックの日本語メニュー

 

3.次にステーキの焼き加減を聞かれますので「ミディアム」または「ミディアムレア」から選んで答えます。

4.次にサラダソースは?と聞かれますので「A:ランチ」「B:イタリアン」「C:サウザンアイランド」から選んでアルファベットで答えます。

「A:ランチ」とはlunch(昼食)ではなくranch(牧場)の方の意味で、シーザードレッシングのようなマヨネーズ系のミルキーなドレッシングです。

5.ステーキはオーダーごとに調理されるため、できあがった時に知らせる際の名前を聞かれます。

ここは別に本名で言う必要はなく、たとえば「ケンイチロウ」など長い名前なら「ケン」といったように、店員さんが呼びやすいようなニックネームを伝えればOKです。

6.支払いは現金のみ(クレジットカード不可)となります。

請求額が表示価格よりも高かったので私は一瞬「えっ?」と思ってしまいましたが、4.712%の州税が加算された金額が支払額でした・・・。

7.名前(ニックネーム)が呼ばれたら受け取りに行きます。

混んでいると15分くらい待つこともありますが、漂ってくるいい匂いにわくわくしながらゆっくり待ってくださいね。

さてステーキプレートを受け取ったらいよいよ実食です!

どこで食べればいい?

できあがったステーキはホテルに持ち帰っても、その場で食べてもOK!

ただレジ袋は渡されませんので(ハワイではビニール製のレジ袋は禁止)、持ち帰る場合はマイバッグなどをあらかじめ用意しておくと良いと思います。

でももし時間があれば、店舗脇のテラス席で食べるのがおすすめです。

ステーキシャック(ハワイ)

 

なぜならお店の目の前がビーチなので、こ~んなに素敵な景色を見ながらいただけるからです!

ステーキシャック(ハワイ)
テラス席から眺める夕方の景色

 

ビーチに降りればダイヤモンドヘッドも一望できます。

ワイキキビーチからダイヤモンドヘッドを望む
店舗前のビーチから望むダイヤモンドヘッド

 

そしてこちらが2番のステーキプレート 283g(10oz)です!

ステーキシャック(ハワイ)

 

ステーキは焼いたあとに食べやすくカットしてくれて、それがご飯の上にビッシリと載っています。

脂身少なめで赤身中心のお肉はペッパーがよく効いてて適度な柔らかさ、タレがご飯にほどよくしみ込んでとっても美味しかったです!

私にはちょうどいい味付けでしたが、足りなければカウンターにある調味料で味を調整することもできます。

ステーキシャック(ハワイ)

ステーキシャックの場所と行き方

ステーキシャックはワイキキの西寄りにある「ワイキキショア by アウトリガーホテル」1階のワイキキビーチに面した場所にあります。

フォートデルッシーという公園のすぐ隣です。

ワイキキの中心部ロイヤルハワイアンセンターあたりからなら徒歩5~6分で行かれます。

ワイキキ中心部からアクセスするなら、まずはアウトリガーリーフホテルを目指します。

その西隣(右側)がステーキシャックのあるワイキキショアホテルですので、このワイキキショアと公園の間の小さな脇道を通ってワイキキビーチ側に出ます。

ただこの道は夜になるととても暗いので、夜間ならカリアロードからアウトリガーリーフホテルのロビー階を通り抜けて、ワイキキビーチ側からアクセスした方が安全かもしれません。

ワイキキビーチ側から見たこの場所がステーキシャックです!
ステーキシャック(ハワイ)の場所

 

豪華なステーキディナーではなく、安くて気軽なステーキランチを食べたいときに訪れてみてはいかがでしょうか?

ステーキシャック(STEAK SHACK)

住所:2161 Kalia Rd, Honolulu, HI 96815
営業時間:10:00am~7:00pm ※季節により変動があるようです

豚肉を食べたいときはお隣の「サンズアップ」へ

実はステーキシャックのすぐ隣にあるサンズアップ(Sun’s Up)もおすすめのお店です

サンズアップ(ハワイ)

 

ここはサンドイッチやアサイボウルなどいろんなメニューがあるお店なのですが、特に8.5ドルで食べられるジンジャーポーク(Ginger Pork)はおすすめのプレートランチです。

日本の生姜焼きのような薄切り肉ではなく、さいころステーキのような角切りの豚肉を丁度いい味加減で焼いてくれます。

サンズアップ(ハワイ)

牛肉よりも豚肉が好き、という方はぜひサンズアップへどうぞ!