ハワイで買うと安いもの、高いもの

そうか、日本って物価が安かったんだ・・・

食品や生活必需品がたびたび値上げになっている日本。

日本の物価ってなんでこんなに高いのーーーッ!とお思いの方、

実はこれでも日本は先進国の中では物価の安い方なんです!

もちろん、東南アジア諸国などと比べれば日本の方が高いですが、例えば世界一物価が高いと言われているスイスの場合、なんと、ビッグマック1個が700円以上もするのだとか!(日本は370円なので2倍以上!)

そして、スイスほどではないにしても、ハワイも太平洋の真ん中に位置する孤島というだけあって、スーパーマーケットで買い物をしていても「全般的に日本より高いなぁ」と感じます。

でも、中には「何これっ、日本より安いっ」って感じたものも・・・!

ということで今回は、ハワイに行って初めてわかった「日本より価格が高いもの」そして「日本より価格が安いもの」についてご紹介します。

スポンサーリンク

 

 ハワイの方が日本より高いもの

【高い】レストランでの食事代

突然ですが、みなさまは、いつもランチにどのくらいお金をかけていますか?

きっと多くの方は500円からせいぜい1,000円以内ではないでしょうか。

ハワイでは、レストランで食事をする場合、料理の代金のほかに、日本の消費税に相当する州税(オアフ島は4.712%)と、チップ(食事料金の15%~20%)を支払います。

このため、1,000円以内で食べようと思ったら($1=120円の場合)料理の値段を$6.5程度に収めなければなりません。

でもハワイでは、特にワイキキ近辺では、この値段で食べれるものはそうそう見つかりません・・・。

たとえば、とあるカフェのエッグベネディクトは$14ですが、これにチップと州税を加算すると$17.5くらいになり、仮に$1=120円の場合、なんと2,100円にもなってしまうんです!

エッグベネディクト(ヨーグルストーリー)

エッグベネディクト

だからこそ、1杯$4で食べられる丸亀製麺のワイキキ店に行列ができるんですね。(日本では290円なのでこれでも高いんですけどね・・・)

ハワイで大人気の丸亀製麺(ワイキキ店)

ハワイの丸亀うどん

ワイキキあたりならパンケーキ+コーヒーくらいのランチでも、ひとり$20はみておいた方が確実で、ちょっと気が利いたレストランでのディナーの場合は、一人$50~$100は前後は普通にかかります。

【高い】ヨーロッパのブランド品

これは、私が訪れた当時の為替レート(円安傾向)の影響もあるかも知れませんが、欧州ブランドはあまり安く感じられませんでした。

例えば、「モンクレール(フランス)のダウンコートが安かったら、ハワイで買っちゃおうかな~♪」と思って、アラモアナセンター内のデパートで探してみたところ、日本よりずっと高くてビックリしました。

もしルイ・ヴィトン、シャネル、プラダ、グッチなどをはじめとするヨーロッパブランドのものをお探しなら、日本での販売価格をあらかじめ調べて行くことをおすすめします。

※追記

最近円高が進んでいますので、欧州ブランドもだいぶ安く手に入るようになってきているはずです。
ぜひ日本の価格と比較しながらお求めくださいね。

【高い】生鮮食料品全般

前にも書いたとおり、ハワイは太平洋の真ん中に浮かぶ島。ハワイ産ではない輸入野菜などは本当に高いです。

加えて、牛乳や卵などの乳製品もかなり高いです。

例えば、あるスーパーの場合・・・

  • キャベツ ・・・ $1.50/lb. (1玉あたり約4~5ドル)
  • タマネギ ・・・ $2/lb. (1コあたり約1ドル)
  • 卵 ・・・ $5/12コ (日本の2倍以上!)
  • 牛乳 ・・・ $4/1.89L (日本の1.5倍くらい?)
  • イチゴ(あまおう) ・・・ $10/350g (日本と同じくらいの1パックが約1,000円以上!)

※lb.はポンド。1ポンド=約453g

安いはずのファーマーズマーケットで・・・キュウリが1本2ドル!

きゅうり

ということで、ハワイではフツーの野菜サラダが高級品となりま~す・・・苦笑。

【高い】日本より高いものその他
  • ティッシュペーパーやトイレットペーパーなどの紙類。(クリネックスティッシュ1箱が$2近くしました。)
  • スナック菓子(ポップコーンやチートス、ポテトチップスなど。あるお店で$7のポップコーンを見て倒れそうになりました・・・)
  • レンタカー代(日本の倍くらいするイメージです。コンパクトカーでも1日$150程度はかかります。)
  • 日本の市販薬(バファリンなどもドンキや白木屋で買えますが高いです。輸入品ですもんね。)

スポンサーリンク

ハワイの方が日本より安いもの

さきほどから高い高い、と連呼しているハワイの物価ですが、実は日本より安いものもたくさんあります。

どちらかと言えば、こっちをしっかり覚えておいてくださいね!

【安い】ビール

ハワイは常夏ということで、ビールがとても人気で、しかも安いんです。

例えば、ハワイ(コナ)の地ビール「ロングボードアイランドラガー」は、355ml×6本で約$10です。
つまり、1本200円ぐらいなんです!!

スーパーのセールで・・・6本$9.99!

ロングボードアイランドビール

ちなみに・・・先日、日本のあるショップで、このビールが1本442円(税込)という2倍以上の価格で販売されているのを見かけました。

バドワイザー、クアーズ、コロナなどもウォルマートやドンキなどスーパーのセールでかなり安く買えるので、まとめ買いをする日本人をよく見かけます。

ただし、ハワイの飲酒年齢は21歳から、ビーチや公共の場所では飲んではいけないなど、ハワイ独自のルールがあるので、こちらの記事も参考にしながら»気をつけて楽しんでくださいね。

なお、バーやレストランなどで飲む場合の値段は、日本とそんなに変わらないか若干高い気がしました。

ハッピーアワー(夕食前の夕方の時間帯。店により異なる)があるお店なら、その時間帯に行くと割安なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

また、お酒の持ち込みがOKな「BYOBのレストラン」もおすすめです。こちらの記事を参考にどうぞ»

【安い】アメリカブランドのもの

さきほど、ヨーロッパブランドのものは「あまり安くない」とご案内しましたが、アメリカブランドのものはさすがに安いですよ~!!

化粧品で言えば、レブロンやメイベリンニューヨーク、エスティローダー、クリニーク、そしてホールフーズマーケットで特に安く買えるジョンマスターオーガニックなどなど。

日本の公式サイトで¥1,620のリップカームが、ホールフーズなら半額以下の$6.99!

ジョンマスターオーガニック

アパレルで言えば、ホリスター、アバクロンビー&フィッチ、アメリカン・イーグル、オールド・ネイビー、GAPなど。

バッグなどのファッションアイテムなら、UGG(アグ・オーストラリア)、ティファニー、ケイトスペードニューヨーク、コールハーン、コーチ、トリーバーチ、マイケルコース、レスポートサックなどなど。

アメリカ本土に比べれば高いという話もききますが、それでも日本よりは十分安く感じました。

特に、ワイケレ・プレミアム・アウトレットは、コーチ(COACH)、ケイトスペード(kate spade new york)、マイケルコース(Michael Kors)、アグ(UGG)好きな方には超おすすめですよ!

ザックリですが、物によっては日本の1/2~1/3くらいの価格で買えちゃいます!

ワイケレで136.5ドルで手に入れたケイト・スペードのバッグ(本革)

ケイトスペードのバッグ(kate spade newbury lane small loden)

※ワイケレの情報はコチラでチェック»

【安い】ハワイで大人気の、保温保冷ボトル「ハイドロフラスク」

ハイドロフラスク(Hydro Flask®)は、ハワイでローカルの人たちに大人気となっている、ステンレスボトル(タンブラー)です。ハイドロフラスク

出典:https://www.hydroflask.com/

日本には公式ショップはありませんが、楽天市場などで買うことができます。

でも価格はハワイの2倍以上です!

もし欲しいな、と思ったらハワイで手に入れるのが正解です♪

※ハイドロフラスクをハワイで買った詳細レポートはこちら»

【安い】日本より安いものその他
  • ガソリン(レンタカー代は高いけれどガソリン代は安い)
  • タクシー代(チップ(15%程度)を加味しても、日本より若干は安いです)
  • パパイヤ(果物の中で一番おすすめ!1コ100円~150円くらいで買えて味もgood!)
  • マカデミアナッツなどハワイ産の果物やナッツ類
  • キャンベルスープの缶詰(種類も豊富です)
  • コナコーヒー(日本だとなかなか売っていないし、本当に高いですよね)
  • ハワイアンホーストのマカデミアナッツチョコレート(おみやげの定番♪ コチラの記事もチェック!»
  • ハーシー(HERSHEY’S)のチョコ(これぞアメリカ!という、あの濃い味のチョコです)
  • スパム(ハワイの人はスパムを愛しています♥) スーパーの売り場だってほら、このとおり!笑

上から下まで「スパム」で埋め尽くされたスーパーの棚

スパムいっぱい

このほか、ミネラルウォーターは日本と同じくらいですが、スーパーの特売だと破格で買えることもあるのでウォルマートやセーフウェイなどは要チェックです!

ということで、ハワイで高いもの、安いものの一例をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

パラ子は、ハワイでは高いものは高い、と割り切り、安いものはありがたくその恩恵にあずかって、トコトン楽しむようにしています。

なぜなら何より高いのは旅行費用なんだから、目一杯楽しまなきゃそれこそ「高い」ものになってしまいますからね!笑

皆様もハワイをたっぷりお楽しみくださいね♪

関連記事:やっぱりお得!ハワイでは「アメリカ発」ブランドが狙い目!


スポンサーリンク


パラ子とヒデキのメルマガです!ぜひ登録してくださいね♪
画像クリックからどうぞ^^

LINEで送る
Pocket

サブコンテンツ

このページの先頭へ