ローカルに大人気!ハワイのスーパー「ダウン・トゥ・アース」に行こう!

ハワイのダウントゥアース(カカアコ)

安くてハワイらしいお土産探しをするなら、絶対に外せないのが「スーパーマーケット」です。

ハワイにはホールフーズマーケットセーフウェイをはじめとする米国発のスーパーマーケットがいくつも展開していますが、その中でもダウン・トゥ・アース(Down to Earth)はまた特別な存在です。

 

なぜならダウン・トゥ・アースはハワイにしかない、ハワイ発のスーパーマーケットだからです。

今回は新店舗の登場でワイキキ滞在者もアクセスしやすくなったダウン・トゥ・アースをご紹介してまいります。



 

ダウン・トゥ・アース(Down to Earth)とは?

ダウン・トゥ・アース(Down to Earth)は、1977年にマウイ島で誕生した自然食品ストアです。

地元産、新鮮さ、オーガニック&ナチュラル製品とベジタリアンライフスタイルを通じてハワイの人々の健康を改善したいという願いからスタートしました。

down to earthとは日本語で「地に足がついた」「落ち着いた」といった意味があります。

 

そんな「地に足のついた」創業時の思いは1号店誕生から40年以上が経過し、店舗数も6店舗に増えた現在でもしっかりと受け継がれており、

オーガニック製品&ナチュラル製品を提供し続けているのはもちろんのこと、なんと店内では肉や魚が一切販売されていないという徹底ぶりとなっています。

その功績はハワイでもしっかり評価されており、ハワイ州の日刊紙「ホノルルスターアドバタイザー」の読者が選ぶ“ベストヘルスフードストア賞”を13年連続で受賞し続けています

新鮮で美味しい食品が並ぶ店内

ダウントゥアースの店内には、美味しそうな野菜や果物がズラーっと並んでいます。

ワイルドにディスプレイされた数種類のじゃがいも、ターメリック、しょうが、かぼちゃ、玉ねぎ・・・これらはすべてオーガニックです。

ダウントゥアースの野菜

 

ここまでくると、もはやアートのようで、気軽に買っていいのか迷います。笑

ダウントゥアースの野菜たち

 

ハワイと言えばパパイヤ!

こちらのパパイヤはハワイ島産ですが、1ポンド(約450g)あたり1.49ドルなっており、1個はだいたい500~550gくらいですので、2ドルちょっとという安さでした。(私たちも1つ買いました!)

ダウントゥアースのパパイヤ

 

オリーブの入った美味しそうなハード系のパンもありました。

ダウントゥアースのパン

 

デリコーナーにももちろん肉&魚はありません。

ハワイの肉食系の食事で胃が疲れたときには、もってこいのメニューですね。

ダウントゥアースのデリコーナー

 

医療費が高額な米国では、予防医療という観点からサプリメントが積極的に取り入れられているのですが、それにしてもダウントゥアースのサプリメントは半端ない種類でした。

ダウントゥアースのサプリメント

 

パッケージがとても可愛いチョコレートを見つけたので思わずお土産にまとめ買いしました。

ENDANGERED SPECIES(=日本語で絶滅危惧種の意味)という米国(インディアナポリス)のチョコレートメーカーだったのですが、あとで調べたら国際フェアトレード認証(FLO)商品でした。

 

さすがはダウントゥアース!可愛いだけでラインアップしたわけじゃなかったのです。

ちなみに味がしっかり濃くて美味しかったですよ。

ダウントゥアースのチョコレート

お土産向けのアイテムも充実

ダウントゥアースは基本的にはローカル向けのスーパーなのですが、お土産にピッタリなアイテムも安く手に入ります。

オーガニックのバルクソープ

ダウントゥアースのオーガニックソープ

ハワイの家庭ではオーガニックの石鹸がよく使われていますが、ダウントゥアースでもさまざまなオーガニックのバルクソープ(量り売りで買える石鹸)が並んでいます。

色はすごいですが、オーガニックですので安心して使えます。

 

1オンス(約28g)で1.38ドルとなっていましたので、1個100g前後だとすればだいたい5ドル程度になります。

近くに秤があるので重さを確認してから買うと会計前に値段がわかりますよ!

ハイドロフラスク

ハイドロフラスク(ダウントゥアース)

ハイドロフラスク(Hydro Flask®)はハワイで大人気のステンレス製ボトルです。

ダウントゥアースには定番のカラーから、上の写真にあるハワイ限定デザインのものまでサイズもカラーも豊富に揃っていました。

ハイドロフラスク(ダウントゥアース)

フタが付いていませんが、これは盗難防止の措置のようで購入時にはちゃんと付けてくれるので大丈夫です。

購入したものを現地で観光に出かける際に利用すると、中身がぬるくならなくてとても便利ですよ!

エコバッグ

ダウントゥアースのエコバッグ

ハワイでは日本よりも一足早くレジ袋の有料化(1枚15セント)が取り入れられているため、エコバッグ(ショッピングバッグ)を持参する人が多くなっています。

ダウントゥアースにもさまざまなエコバッグが並んでいましたので、ハワイ現地用に、そして友達へのお土産用として選んでみてはいかがでしょうか?

ジョンマスターオーガニックのリップ

ダウントゥアースはジョンマスターオーガニックリップカームが安い

ジョンマスターオーガニックは日本にも直営店がある米国発のオーガニックコスメブランドです。

ハワイでは日本よりだいぶ安く手に入るのですが、中でもダウントゥアースは他のスーパーよりも安く販売されており、私も驚きました。

 

写真にあるリップカーム(lip calm)は日本の直営店では1本1,500円(税別)となっていますので、4.712%のオアフ島の州税込みでも7ドル台なら、日本の半額くらいで買えてしまう計算です。

私も口紅の下地として愛用しているおすすめアイテムのひとつです。

オーガニックのアロマオイル(エッセンシャルオイル)

ダウントゥアースの精油(エッセンシャルオイル)

日本でもアロマディフューザーなどを使ってエッセンシャルオイルの香りを楽しむ人も多いですよね。

ダウントゥアースでは良質なオーガニックのエッセンシャルオイルも、種類によっては8ドル台からありました。

テスターで香りを確かめてから選んでみてはいかがでしょうか?



ダウン・トゥ・アースの場所と行き方

さて良質な食料品からハワイらしいお土産までそろうダウン・トゥ・アースはいかがでしょうか?

きっと「次のハワイ旅行で行ってみたい!」と思われたのでは?

2020年現在オアフ島には5つの店舗がありますが、観光客である私たちが最も立ち寄りやすいのが2019年にオープンした新しい店舗カカアコ店となります。

 

実はワイキキからの最寄りはマッカリー・ モイリイリというエリアにあるホノルル店なのですが、このあたりは観光客があまり訪れない場所ですので、よほどハワイに慣れている方以外はおすすめしません。

それよりもワイキキからちょっと距離はあるものの、観光客も訪れることの多いカカアコ店の方が行きやすいのでは?と思います。

ダウントゥアース・カカアコ店の場所は?

ダウン・トゥ・アース カカアコ店は、ウォールアートで有名なカカアコエリアにある店舗です。

入り口は小さく見えますが、店内は結構広いんです。

ダウントゥアース(カカアコ)
ダウントゥアース カカアコ店

 

人気のモンスターのウォールアートがある場所からもほど近い場所にあります。

カカアコウォールアート(モンスター)

 

日本のTV番組で紹介されたりなどで、何かと話題のオシャレな商業施設ソルト(SALT)からも歩いてスグとなっています。

ソルトアットカカアコ(SALT)

 

おすすめのコースはウォールアート見学 ⇒ ソルト(ショッピング&食事) ⇒ ダウントゥアース(買い物)です。

せっかく行くならカカアコを丸ごと楽しんでみてはいかがでしょうか?

ただカカアコ地区は、近年は観光向けの開発が進んでいるエリアではあるものの、もともとは町工場や倉庫が建ち並ぶローカルタウンですので、

細い路地は通らないようにするとか、挙動不審な人が居たら近づかない、夜遅くまで出歩いたりしないなど、ワイキキよりも注意が必要です。

ダウン・トゥ・アース カカアコ店
ダウン・トゥ・アース カカアコ店

・住所:500 Keawe St, Honolulu, HI 96813
・営業時間:6:30 am~10:00 pm ※定休日なし
・TEL:808(465)2512

カカアコまでの行き方は?

カカアコエリアはアラモアナセンターよりもさらに西側に位置する地区です。

そのためワイキキから徒歩で行くことはできませんので、ザ・バス(路線バス)や各社のトロリーなどで行くようになります。

おすすめは次の3つの方法です。

1.ワイキキからザ・バス(TheBus)で行く

ザバス19番 ホノルル空港

ワイキキからザ・バス(TheBus)で行くには、クヒオ通りの山側バス停から19番、20番、13番、42番のいずれかに乗って最寄りのバス停で下車し徒歩3~8分くらいです。

どのバスに乗っても30分くらいで行かれますが、おすすめは海沿いの大通り(アラモアナ・ブールバード)を通る19番と20番の利用です。

 

Googleマップなどを参考にしながら行くのがおすすめです。

ザ・バスは最初の乗車時に5.5ドルのワンデイパスを購入すれば、その1日は何度でも乗り降り自由となりますので、とても便利です。

ハワイのザバス(TheBus)の乗り方ガイド|ワンデーパスの買い方、料金、アプリ、注意点まとめ

2.トロリーバスを利用する

各社が運営しているトロリーでもダウン・トゥ・アースの近くまで行くことができます。

  • HISのレアレアトロリー → ワード/カカアコ/ダウンタウンライン
  • JTBのHibus(ハイバス)→カカアコ イブニングルート
  • JTBの電気バス →ダウンタウンルート
  • JALパックのレインボートロリー → ダウンタウンルート など

 

なお詳細は利用するトロリーのホームページなどでご確認ください。

ハワイのトロリーバス比較。「無料」で乗る方法、運行ラインを紹介!

3.アラモアナセンターからビキ(biki)で行く

ハワイのレンタル自転車ビキ(biki)

ワイキキからアラモアナセンターまでは各社のトロリーで気軽に移動できますので、このアラモアナセンターを起点にしてダウン・トゥ・アースまで行く方法もあります。

アラモアナセンターからダウン・トゥ・アースカカアコ店まで約2kmとなっているので、歩けない距離ではありません。

私たちは途中のショッピングモール(ワードセンターなど)やウォールアートを見ながらブラブラ歩くこともあります。

 

でも2kmも歩くのはちょっと・・・という場合は、biki(ビキ)を使ってみてはいかがでしょうか?

bikiは18歳以上なら誰でもレンタルできる自転車のレンタルサービスです。

ホノルル周辺100カ所のbikiストップ(bikiステーション)でシェアされている1,300台の自転車を手軽に借りることができるため、観光客の移動手段としてよく利用されています。

 

ダウントゥアースから徒歩1分くらいの場所にもbikiストップがありますので便利に活用できそうです。

ハワイのレンタル自転車「biki(ビキ)」徹底ガイド<借り方、使い方と注意点>

カイルア店が2019年に移転オープン!

カイルアはオアフ島の東に位置するローカルタウンで、私たちが大好きな町のひとつでもあります。

全米ナンバーワンビーチにも選ばれたカイルアビーチやラニカイビーチがあることでも有名です。

ラニカイビーチ
ラニカイビーチ

 

そんなカイルアには以前からダウントゥアースがあったのですが、2019年に移転オープンしました。

この投稿をInstagramで見る

 

Down to Earth Hawaii(@downtoearthhi)がシェアした投稿

 

カイルアはワイキキとはまた違うのんびりムードのローカルタウンで、パンケーキの超人気店「ブーツ&キモズ」もありますので、ちょっと足を延ばして訪れてみると楽しいですよ!

ただワイキキからはちょっと距離がありますので、現地オプショナルツアーなどで行くのが便利です。

楽天カードでダウン・トゥ・アースのクーポンをGET!

ハワイにはワイキキとアラモアナセンターの2か所に楽天カード保有者が無料で利用できる楽天カードラウンジがあります。

楽天カードラウンジ利用時に受付をするとこんなクーポンブックがもらえます。

楽天カード特典クーポン(ハワイ)
楽天カード特典クーポン

 

その中には、ダウン・トゥ・アース全店で利用できるお得なクーポンも載っていました!

特典内容は『50ドル以上の買い物で麻製のエコバッグ(12.99相当)がもらえる』というものでした。

ダウントゥアースのクーポン
※時期によりクーポンの内容は異なります

 

楽天カードを持っているとハワイではほかにもお得なことがいろいろありますので、もしまだお持ちでなければ、ハワイに行く前に作って持っていくのが断然おすすめです!

その理由はこちらの記事で詳しくご紹介していますのでぜひご覧ください↓ ↓ ↓

楽天カードがハワイ旅行の必需品と言えるこれだけの理由