ハワイ旅行中の食費を節約するには?

ハワイでの飲食費がますます高くなっている!

先日ハワイに滞在して感じたこと、それは以前よりも食事の代金が高くなっているということでした。

例えば、以前は8ドルあれば食べられたプレートランチが9ドル以上になっていたり、11ドルだったガーリックシュリンプが13ドルに値上げされていたり・・・。

例えばカフェで大人2人が一般的な朝食(ハワイアンブレックファスト)をとった場合でも、こんなにかかってしまいます。

ハワイの朝食代

仮に1ドル=120円で計算すると、なんと州税込みで約4,300円にもなってしまいます!

朝食に毎日4,000円以上もかけるのはかなりの高コストですし、しかもお子様連れの方ならもっとかかってしまい、いくら旅行中とは言え、予算的にかなりきついものがありますよね。

そこで、今回はハワイ滞在中の食費をなるべくおさえて、安く済ませられる方法をいくつか紹介いたします。

スポンサーリンク

 

お持ち帰り(To Go)を利用しよう!

ハワイの飲食店で食事をするときに、私たち日本人が一番苦手なことといえば、チップ(tip)の計算ですよね。

しかも、食事代金の15%~20%が相場(高級レストランならそれ以上)なので、結構な金額になります。

でも、よくよく考えてみると、チップはウェイトレスさん・ウェイターさんへの「サービス料」なので、逆に言えばサービスを受けなければ支払う必要はありません。

そこで、利用したいのがお持ち帰りです。

ハワイではハンバーガーショップなどのファストフード店ではもちろん、カフェやその他の飲食店でも「お持ち帰り」ができるところも少なくありません。

たとえば、カフェで10ドルのパンケーキを注文した場合、店内で食べれば1.5~2.0ドル程度のチップを上乗せして支払う必要がありますが、お持ち帰りにすれば10ドル(+tax)のみで済みます。

ちなみに、日本ではお持ち帰りのことをテイクアウト(Take Out)と言いますが、現地ではTo Go(トゥ ゴー)と言う方が一般的です。(テイクアウトと言っても通じるようですが)

もし、ホテルに持ち帰って、あるいは公園など近くに食べられる場所があるなら、思い切って「To go, please.」と言ってお持ち帰りをして、チップ分を節約してみてはいかがでしょうか。

To Goしてチップ代を節約したブーツ&キモズのパンケーキ

ブーツアンドキモズのパンケーキ

余った食べ物も無駄にしない!

ハワイのレストランなどで食べ物を注文すると、日本よりもボリュームたっぷりで食べきれない、ということも少なくありません。
そんなときは、店員さんに

“Can I have a doggy bag, please?” (ドギーバッグをもらえますか?)

と言えば、無料でプラスチックの容器やポリエチレン袋を持ってきてくれます。

ちょうど、上のブーツ&キモズの写真の容器がそのイメージです。

ドギーバッグ(Doggy Bag)は、直訳すると「犬用の容器」となりますが、ハワイを含む米国ではお持ち帰り用の容器のことを指します。

もちろん、実際に犬に食べさせるわけではなく、人間があとで食べるためなのですが、食べ残しを持ち帰る、という行為がちょっと恥ずかしいため、「犬の餌にするんだよ」という口実で持ち帰ったことが由来とされています。

ドギーバッグをもらってお持ち帰りをすることは、ハワイではまったく恥ずかしいことではないので、遠慮せずに店員さんに言ってみてくださいね。

フードコートを利用する

いくつかのファストフード店が並び、店舗共用のスペースで食事ができるフードコートは、日本でもスーパーマーケットなどでよく見かけますよね。

ハワイでも、アラモアナセンターの1F(マカイマーケットフードコート)や、ロイアルハワイアンセンターの2F(パイナラナイ・フードコート)、ワイキキショッピングプラザの地下などにもフードコートがあります。

フードコートでは、中華を食べたい人もハンバーガーを食べたい人も、それぞれ好きなお店で好きなものを選んで一緒に食べられるのがうれしいですよね。

日本と同じで、味は「そこそこ」なことが多いですが、比較的安く食べられるうえチップも不要なので、お子様連れの方や、コストを抑えた気軽な食事にピッタリです。

また、サブウェイ(Subway)や、長崎ちゃんぽん(リンガーハット)、カレーハウスCoCo壱番屋など、日本でもお馴染みのお店もあるので、ハワイの食事に飽きたときにもおすすめです。

BYOBのレストランを利用する

お酒好きの方にとっては、常夏のハワイでは食事と一緒にビールをグビーッ!はトーゼンのことですが、この酒代もばかになりませんよね。

そういう方には、ぜひお店の入り口に「BYOB」と書かれたレストランをおすすめしたいです。

BYOBとは、英語で“Bring your own bottle”  の略で、意味としては「自分のお酒は自分で持ってきてね」となり、つまり酒類の持ち込みOKのレストランとなるんです。

たとえば、スーパーなどで6本10ドルのビールを買って持ち込んでもいい、ということになりますので、これはだいぶ節約になりますよね!

なぜ持ち込みがOKなのか?BYOBレストランの探し方は?などについては、こちらでご紹介していますのでぜひ参考にしてくださいね。

※お酒好きにおすすめ!ハワイでロコに人気の「BYOB」レストラン»

スポンサーリンク

日本食を安く食べられる、おすすめのお店

ハワイに滞在していると、どうしてもアメリカン&ハワイアンな食事になりがちですが、だいぶ胃が疲れてきたなぁと思ったら、そろそろ手軽に食べられる日本食でもいかがでしょうか。

♦いやす夢(いやすめ)

いやす夢は「おむすび専門店」で、2016年1月現在ワイキキ周辺に4店舗あります。

最上級のアメリカ産コシヒカリで丁寧に作られた、いやす夢こだわりのおにぎりは、日本人にはもちろん、ローカルの人たちにも大人気となっています。

何より、1個1.5ドル~2ドルという値段の安さがありがたいんです!

おにぎりのほか、焼き魚や唐揚げのお弁当などもあり、また店舗によってはイートインもできるので、ぜひ一度は訪れてみてくださいね。

いやす夢

※「いやす夢」はこちらの記事で詳しく紹介しています»

♦丸亀製麺

あの、丸亀製麺(丸亀うどん)がハワイにもあって、実は日本を含む丸亀製麺の全店舗でナンバーワンの売上を誇っていることをご存じでしょうか?

“どうせお客さんのほとんどは日本人観光客なんでしょ?”
と思ったら大間違い!

むしろ、日本人観光客より、ローカルの方や欧米からの観光客の方が圧倒的に多く、毎日昼時や夕食時には大行列となっているんです。

昨今の和食ブームもあって、本家「うどん」の人気もさることながら、「天ぷら」などの揚げ物が特に人気で、うどんは頼まずに天ぷらばかりを何種類も選ぶ人、ご飯と天ぷらだけ頼んでオリジナルの天丼を作る人も多いそうです。

そして、もうひとつの人気の理由がそのコストパフォーマンスの良さです。

パンケーキやハンバーガーが普通に10ドル前後するハワイの外食店の物価の高さから考えると、かけうどんが1杯4ドル程度で食べられて、しかもランチでもディナーでも値段が変わらない、チップも必要ない丸亀製麺は、とてもコスパの良い店なのです。

味よし!値段よし!なら人気がでないはずがありませんよね。

暑い中行列に並ぶ覚悟がある方、または昼時や夕食時からちょっと時間をずらして食べに行かれる方は、ぜひトライしてみてくださいね。

丸亀製麺 ワイキキ店:2310 Kuhio Ave, Honolulu, Oahu, HI [地図
営業時間:7:00am~9:00am/11:00am~22:00

ハワイの丸亀うどん

ホテルではなく、コンドミニアムに滞在する

このほかに、パラ子がおすすめするハワイでの食費の節約方法は、ホテルではなく、キッチン(簡易キッチン含む)が付いたコンドミニアムに滞在して自炊をすることです。

コンドミニアムのキッチンを利用して自分でパスタをゆでたり、パパイヤやパイナップルなどの果物を買ってきて切ったり、ポキ(まぐろなどのヅケ)と白飯をスーパーで買ってきて「ポキ丼」を作ったりなど、簡単な自炊をすることでハワイ滞在中の食費をだいぶ節約できます。

コーヒーだって、毎度スタバで並んで買わなくても、コーヒー豆を買ってきて自分でドリップすれば、だいぶ節約になりますよね。

次回のハワイ旅行は、コンドミニアムのステイも候補にされてはいかがでしょうか?

※コンドミニアムを安く予約する方法をこちらの記事で詳しく紹介しています»

 

さて、ここまでハワイ滞在中の食費を少しでも安くあげる方法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

せっかくのハワイ旅行であまりケチケチしすぎるのはつまらないですが、現地での体調を維持するためにも、たまには「軽い」食事で胃を休めてあげてはいかがでしょうか。

ぜひ、楽しみながら節約して、健康的なハワイ旅行を実現してくださいね。


スポンサーリンク


パラ子とヒデキのメルマガです!ぜひ登録してくださいね♪
画像クリックからどうぞ^^

LINEで送る
Pocket

サブコンテンツ

このページの先頭へ